2019年9月12日

IPL光脱毛とは

IPL(インテンス・パルス・ライト)の器械を使い、光を照射して、そのエネルギーで毛根のメラニンを刺激し、脱毛を促します。光脱毛はレーザー脱毛よりも出力が弱いため、肌への作用が緩やかで痛みが少なく、安全性も高いという特徴があります。

毛が生えてくる成長期に行うため、1~2か月に1回くらいの間隔で施術する必要があります。これを1~2年ほど繰り返して、施術は完了します。
出典:http://norioka-derma.com/ipl.html

IPL脱毛は「インテンス(I)パルス(P)ライト(L)」を略した呼び名で、広帯域の光(IPL)を肌に当てて毛根が毛を生やす働きを抑え、発毛させなくする脱毛法です。光を肌に当てると毛の黒い部分(メラニン色素)に反応し、光の作用で毛根内に発生する熱が毛母細胞を弱めることで脱毛します。医療レーザー脱毛の出力を弱めたものと考えるとわかりやすいかも。
ちなみに、IPL機器はもともとエステサロンなどでの美肌トリートメントに使われていました。IPLには毛穴の開きを改善したり、顔の赤みやくすみを解消させたりする作用もあるためです。光の作用で脱毛するだけでなく、美肌効果も期待できます!
出典:https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000453838/blog/bidA026803649.html

IPL脱毛とそれ以外の光脱毛との違いは?

IPL脱毛とそれ以外の光脱毛は、基本的には同じ種類の脱毛方法です。

メラニン色素(黒い部分)に反応する光エネルギーを肌に照射して、毛根にダメージを与えることで脱毛を実現します。ただし、種類は同じでも、使用する光の波長が違うと、光が届く深さが変わってくるという仕組みです。

IPLとは、intense pulsed light(インテンス・パルス・ライト)の略であり、広帯域の光エネルギーです。

IPL脱毛は一般的に、脱毛箇所にジェルを塗り、光の吸収を促しやすい状態にしてから行います。
出典:https://melby.jp/ipl-datsumo/

SSC脱毛もIPL脱毛も脱毛効果のある光を当ててムダ毛を脱毛するという『光脱毛』ですが、光が何に反応するのかという点で異なっています。
SSC脱毛はジェルの中の特殊な成分、IPL脱毛はムダ毛のメラニン色素(黒い色)に反応させて脱毛するという仕組みです。
出典:https://datsumo-map.com/sc-ipl/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です