2019年9月19日

40代~50代の女性に医療レーザー脱毛が人気の理由

介護脱毛とは、最近ではテレビや雑誌でも取り上げられる機会が多くなったので、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、自分が将来、誰かに介護される立場になった場合を想定し、その時の準備として、VIOまたはワキなどを永久脱毛しておくこと。

近年では、これを「介護脱毛」と呼ぶようになりました。

VIOのお手入れをしているのは、若い女性だけだと考えている方は、まだまだ多いと思われます。
しかし最近では、40代から50代以降の方々が、VIOや脇の医療脱毛、介護脱毛をご希望され、施術されるケースが多く見られるようになりました。
出典:https://clair-clinic.com/knowledge/5117

レーザー脱毛とは!

医療レーザー脱毛を受けるときはまず、毛を剃ります。そして、毛を剃った箇所にレーザーを当てると、毛の黒いメラニン色素に吸収され、発生した熱によって毛母細胞や毛乳頭・バルジ領域といった発毛組織を破壊します。そうすることで毛が再生しにくくなったり、再生しなくなります。これが医療脱毛の基本的なメカニズムです。

種類の異なる脱毛機を脱毛する箇所に合わせて導入することで、脱毛の効果をより高めることができます。デリケートゾーンのVIO(ビキニライン、陰部の両側、ヒップ奥)の照射に使用するYAGレーザー(熱破壊式)は波長が長く、色素沈着部位や太くて根深い毛にも効果を発揮します。

また、最新式の蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機では、一瞬で強力なレーザーを照射する従来の脱毛方式とは異なり、じっくりと毛包全体に熱を与えることで毛根組織を破壊する蓄熱式の脱毛法ですので、痛みの軽減が可能です。
出典:https://halmek.co.jp/beauty/c/aaging/741

介護脱毛でレーザー脱毛を希望の場合は早めに!

当院のような医療機関で導入しているレーザー脱毛機は全て、毛のメラニン色素(黒い色素細胞)に反応して脱毛できるような仕組みになっています。つまり、白髪のように、メラニン色素がない髪は、レーザーを照射しても脱毛することができません。

当院に限らず、「介護脱毛」を希望される方は、アンダーヘアが黒い40~50代のうちに脱毛する必要がありますのでご注意ください。

白髪が目立つような年齢に差し掛かったら、是非、介護脱毛をご検討ください。
出典:https://www.hatayama-ladiescl.net/nursing-care-hair-removal/

VIO脱毛は白髪が出てくる前に。
以前は現在のように脱毛サロンが隆盛ではありませんでしたので、40代以上の女性では、ワキ脱毛は済んでいても、アンダーヘアの脱毛をされていない方が多くいらっしゃいます。
だからこそ、社会的な介護問題と「介護脱毛」に注目が集まっているとも言えます。

「介護脱毛」の注意点として、できるだけ早めに脱毛をスタートすることをおすすめします。
これは、脱毛が黒い毛根に光を反応させる施術のため、高齢になってアンダーヘアが白髪となってしまった場合に脱毛効果を高めるのが難しくなるためです。
これが、意識の高い40代~50代の方がアンダーヘアの脱毛をする理由になっていると考えられます。
出典:https://shibu-cli.com/lohas-datsumou/knowledge/nursingcare.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です