2019年9月20日

介護を受ける際の思いやりのために。男女等しく必要!

高齢になって介護を受ける可能性は、男性にも女性にも共通して起こりえます。
男性は身体の構造上、陰部の汚れが残りやすく不潔になりやすいので女性と比較してもより清潔にする必要があり介護脱毛が必要かもしれません。
また、陰毛やお腹の毛などは男性ホルモンの影響が大きく、男性の方が女性よりも濃い場合が多いので、可能であれば全ては無理でも多少毛を薄くしておくと将来的に困らないかもしれません。
出典:https://kaigo-mikata.info/genba/datumou/

介護を見据えたアンダーヘアの脱毛は、女性だけでなく男性の希望者も増えているという。
男性専門の総合美容クリニックのゴリラクリニックでは、2014年の開院時から18年までの4年間で、40歳以上の来院者が20倍近くに増えた。
同クリニックが18年に実施したアンケートによると、男性の脱毛希望部位はヒゲがトップ、2位が肛門、3位以降は腹、男性器と続く。
男性も女性と同様、前から見える部分と肛門周りに加え、希望に応じて男性器そのものや周辺に生えている毛を脱毛できるのだ。
出典:https://dot.asahi.com/wa/2019040500013.html?page=2

男性人気はIO脱毛

介護脱毛ではIOラインの脱毛が人気です。Vラインを脱毛してしまうとツルツルになってしまいます。

ツルツルにするのではなく、Vラインは残し、陰茎・陰嚢を含めたIラインとOラインの脱毛を希望される方が増えています。

ツルツルを目指すのであれば、最低5回、さらに数回必要な場合が多いです(個人差があります)。
  出典:https://pegastudio.jp/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E8%84%B1%E6%AF%9B/

介護脱毛はどこまで、脱毛が必要?

介護脱毛でメインとなる部位は、VIOを全て含めたデリケートゾーンです。
デリケートゾーンは清潔に保つ必要がありますが、寝たきりになってしまった場合は自分で清潔に保つことが難しくなります。
病気などを防ぐためにも、介護スタッフなどがデリケートゾーンの清潔ケアを行いますが、毛がない方がケアをしやすいです。
介護でデリケートゾーンのケアが必要になった時に、介護する側の負担を減らすことも目的にします。
出典:https://mensdatsumo-mikunigaoka.com/%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%94%E5%AD%98%E7%9F%A5%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です