2019年9月24日

介護脱毛のメリット

年齢を重ねるとオムツが必要になる、トイレには行けても拭き取りがうまくできなくなる、など排泄介助が必要になる方がいます。

小さな赤ちゃんと違って、大人の排泄介助は介護する側にとって大きな負担。しかし介護脱毛で局部周辺のムダ毛が無くなれば大幅に負担を軽減できます。

アンダーヘアに排泄物が絡まらなくなるためスムーズにオムツ交換ができる
トイレで排泄した後の拭き取りも容易になる
介護される方にとってはスムーズにオムツ交換できる分、相手に対する申し訳なさ・恥ずかしさが軽くなるメリットもあります。
出典:https://www.hiroo-prime.com/datsumou/column/page5.php

●介護脱毛のメリット① 陰部の炎症や感染症を防ぐ
デリケートゾーンは拭き取ったつもりでも毛や皮膚の間に排泄物が残りやすい部位で、炎症や感染症を引き起こすこともあります。
●介護脱毛のメリット② オムツ交換の際のニオイを軽減
陰毛がある状態でオムツをしていると、菌が増殖し、ニオイがきつくなり介護の負担も大きくなります。
●介護脱毛のメリット③ 介護士の清拭が楽に
介護士はしっかりと局部の状態を確認し、陰毛に排泄物がこびりついていれば、取り除かなければいけません。
出典:https://www.rizeclinic.com/knowledge/14169.html

介護脱毛のデメリット

ただし、デメリットとしては、

痛みを感じることがある
脱毛したら元には戻せない
白髪になってしまうと脱毛できない
という3つのデメリットがあります。
出典:https://kirei-kirei.blogs.co.jp/helper-datsumou-demerit/

デメリットの筆頭として挙げられるのが、処理時に痛みがあることです。レーザーや光を用いて行う脱毛は発毛をつかさどる細胞組織にダメージを与えるため、感じ方に個人差はありますがそれなりの痛みを伴います。ただ、最近は技術の向上によって以前よりも痛みは軽くなっていますし、医療機関で施術を受ける場合は希望すれば麻酔を使ってもらうこともできます。それに、介護脱毛は必ずしも完全にツルツルにしなければならないというものではありません。痛みに耐えられる範囲内でいくらか毛の量を減らすだけでも、一定の効果はあります。

もう1つのデメリットは、いったん処理すると元には戻せないということです。人の考え方はさまざまで、ヘアを他人に見られるのが恥ずかしいという人もいれば、無毛状態を見られるのが恥ずかしいという人もいます。処理をする前に、まずは自分自身の気持ちをよく考えてみる必要があります。

また、先に述べたように白髪は処理しにくいというのも、デメリットのうちに数えられます。そのため、処理をするのであれば40代・50代のうちに決断した方がいいということになります。
出典:https://www.pinatural.com/2019/07/03/%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です