2019年10月3日

脱毛前後に気をつけることは?

脱毛サロンでムダ毛のお手入れをするなら、しっかりと効果を実感したいですよね。
そのためには、以下のようなサロンの注意喚起「お手入れ前後にしてはいけないこと・気をつけること」などの項目をきちんと理解しておく必要があります。
この項目には「飲酒」に関する注意書きも含まれており、前もって知っていれば、せっかく予約したのにお手入れができなかったなどの失敗を防ぐことができます。
出典:https://musee-pla.com/column/tips_33/

前日に飲酒してしまった場合に考えられる影響とは

いくら「お酒には強いから大丈夫!」 と思っていても、前日に飲酒してからの施術となると気分が悪くなってしまったり、もしかしたら吐いてしまったりするかもしれません。
また施術する部屋は個室で狭いです。お酒は匂いも残るのでマナー的にも控えたほうが無難でしょう。
そして、お酒を飲むと血行が良くなるので、その状態で施術を受けてしまうと、必要以上に痛みを感じてしまったり、脱毛直後に赤みやかゆみがでてしまったりなど肌に負担がかかりやすくなってしまいます。
また、お酒を飲むと体温も上がるので、肌の水分が蒸発し、乾燥しやすくなります。その状態だと痛みを感じやすく、やけど、炎症などのリスクも上がります。
出典:https://datsumo-labo.jp/knowledge/knowledge04/inshu_ng.html

実は問題になるのはアルコールそのものではなく、飲酒によって血行が促進されて体温が上昇することにあります。

この状態で脱毛施術を受けたり、あるいは施術後の飲酒で同じ状態になることで、脱毛した部分の肌に赤みやかゆみを発することがあります。また、体温上昇に伴って皮膚表面は乾燥状態になりやすく、脱毛のダメージを受けやすい危険なコンディションに…。光脱毛だけでなく医療レーザー脱毛でも同じことが言え、施術の痛みを大きく感じる可能性や、乾燥がひどい場合には脱毛で炎症を起こしてしまうこともあるとか!
出典:https://www.tenka1hikari.jp/noalcohol-reason.html

脱毛後の飲酒もNG!

脱毛を受けた当日は飲酒しないように脱毛を受けた施設にて注意されてるはずです。それでもついうっかりお酒を飲んでしまうことが出てきます。

脱毛後に飲酒をしないようにいわれるのはお酒の働きで全身の血行がよくなるためです。

脱毛は毛根のメラニン色素に熱を加えて毛根を破壊する方法が主流です。強い熱が加わってもヤケドをしないのは、メラニン色素のみに反応するからです。

しかし脱毛後はまだ熱が体の内部に残っています。それが飲酒の影響で血行がよくなることで、肌のトラブルが起こりやすくなるのです。
出典:https://mitsuraku.jp/kiji/c-depilation-drinking

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です