2019年10月13日

脱毛でシミができるって本当?

脱毛に興味がある人なら「脱毛を始めるとシミができた・増えた」という噂を聞いたことがあるかもしれません。せっかく脱毛してキレイになりたいと思っているのに、これでは脱毛施術を受けるのが不安になってしまいます。

ところが、「脱毛でシミができる」という噂は全くのウソとは言いきれないのも事実です。
出典:https://reala-clinic.com/column/column-2240/

レーザー脱毛でシミが出来る原因

 レーザー脱毛は高出力のレーザーを照射します。高出力であるため熱量が大きく早くムダ毛を減らす事が可能です。
反面、お肌へのリスクも存在します。
皮膚は高刺激を受けると、皮膚を生成している真皮層を守るために、メラニンを生成する事があります。
これは紫外線によりメラニンが生成する際の反応と類似した働きがあると言えます。
このメラニンの生成量によってはお肌のターンオーバーで排出出来ないものがシミとなってしまう可能性もあります。
出典:https://datumou-datumou.com/medical-knowlege/shimi/

もし脱毛でシミが出来たらどうする?

シミの原因によって、対策が変わってきます。

肌のターンオーバーが早まって出てきてしまったシミについては、そのまま脱毛を続けることで自然となくなっていくでしょう。なくなるまでの目安は、肌のターンオーバーにかかる28日程度です。保湿や、継続的な紫外線対策をして、様子を見ましょう。その他に特別何かをする必要はありません。28日経っても薄くならないシミであれば一度クリニックを受診し、治療方針を医師と相談しましょう。

火傷や毛のう炎の後が色素沈着をしてしまった場合には、美白効果のある塗り薬やレーザーによるシミ治療が必要になります。この場合のシミは炎症性色素沈着といい消えるまでにやや時間がかかる場合があります。

やけどや毛のう炎は、患部を触ることで色素沈着の原因になってしまいます。肌に違和感や異常を感じ場合は、触らずにまずクリニックを受信しましょう。
出典:https://www.tenka1hikari.jp/iryou_shimidekiru.html

医療脱毛でできるシミを未然に防ぐアフターケア

医療脱毛後は、ほとんどの人で軽い炎症や赤みが現れます。この炎症自体はおこって当たり前のものではありますが、この状態をきちんとケアせず放置しておくと、炎症部分がダメージに対して過敏になりメラニンが過剰につくられ、シミとなってしまう可能性が高まります。

医療脱毛後の肌トラブルを避け、シミを未然に防ぐためには、アフターケアが大切です。
出典:https://clinic.e-kuchikomi.info/datsumo/G_3000729/column/1535954

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です