2019年10月15日

脱毛後の肌はとってもデリケート!

脱毛施術では、サロンやエステなどと比べ、強いレーザーの光を肌に当てています。そのため光の熱を受けた肌は、普段のお肌の状態と比べると、乾燥し敏感になってしまうんです。

敏感になった肌をそのまま放置しておくと

・色素沈着

・赤みや腫れ

・吹き出物
などの肌トラブルにつながる可能性が高くなってしまいます。
肌トラブルを起こさないために、しっかりとアフターケアをしましょう。
出典:https://reala-clinic.com/column/column-1549/

脱毛後の自宅ケアで効果を高めよう

サロンやクリニックでお手入れをした後の肌は、デリケートな状態になっています。
まず、お手入れした当日はぬるめのシャワーのみで済ませ、湯船には浸からないようにしてください。身体を洗う際は手のひらでやさしく洗うようにしましょう。ボディタオルで肌を強くこするのは、肌トラブルを起こす原因になるので注意が必要です。お風呂上がりもタオルでごしごし拭くのではなく、そっと押し当てて水気を取りましょう。

また、脱毛後は、肌が炎症を起こしやすくなっているため、脱毛した部分の保湿が非常に重要です。ミュゼプラチナムでは、お手入れの後にプラセンタエキスを配合したミルクローションでトリートメントケアをしていますが、翌日以降もご自身でしっかりと保湿すると、乾燥を防いで肌を健やかに保つことができます。また、保湿によって皮膚を柔らかく保てば、埋もれていた毛が出やすくなって脱毛効果が向上します。

保湿には、お手持ちのクリームやローションをお使いください。できれば敏感肌用のローションや乳液を使うのが良いでしょう。化粧水をつけてからミルクローションを塗るとさらに効果的です。
出典:https://musee-pla.com/column/tips_05/

◎紫外線対策をしっかりと!UVケアは必ずして下さい。(SPF15以上のもの)
◎お手入れした当日の入浴は湯船には入らず、シャワー程度にして下さい。
◎激しく汗をかく運動は避けて下さい。
◎肌を必要以上に強くこすらないで下さい。
◎お手入れ後はアルコールや刺激性の強い食品の摂取は避けて下さい。
◎保湿は必ずして下さい。
出典:https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000412756/blog/bidA019733265.html

脱毛部位ごとのアフターケア方法


顔の肌は体の肌と違って皮膚がうすく、皮脂腺が集中しているためトラブルが起きやすい部位です。
さらに紫外線の影響を受けやすいため、脱毛後のケアは入念に行う必要があります。
まずは洗顔、低刺激で洗浄力が強すぎないものを選びましょう。

洗顔の際は泡立てネットなどでキメの細かい泡を作り、肌をこすりすぎないように優しく洗います。
ピーリングは肌への負担が大きいので脱毛期間中は控えるようにしましょう。
洗顔後のケアは化粧水や美容液でしっかりと潤わせた後に、オイルや乳液クリームで潤いを逃さないように蓋をします。
この時に使う化粧水やクリームなどは低刺激で保湿力が高いものを選ぶのがオススメです。

ボディ
ボディケアも保湿重視で。体の肌は衣服に守られて紫外線の影響を受けにくいかわりに、衣服との摩擦や乾燥が目立ちます。
脱毛後はさらに乾燥が激しくなるので、保湿ジェルやローションで整えたあとにクリームをたっぷり多めに塗りましょう。
抑毛効果のあるジェルを使えば保湿をしながらも脱毛効果を維持できます。

VIO
デリケートゾーンは脱毛後のケアが非常に重要です。
不衛生になりやすい部位であると同時に痛みや炎症が起きやすい場所でもあります。
脱毛後に洗う際はいつもよりぬるめのシャワーで、湯船には浸からないようにして下さい。
拭くときもタオルでこすらずに、ポンポンと水分を吸うようにしましょう。

保湿ケアは柔らかいテクスチャのジェルやローション、クリームで低刺激なものやアルコールフリーのものがおすすめ。
施術日だけでなく、日頃から保湿ケアをすることで脱毛時の痛みがかなり和らぐので、こまめな保湿を心掛けましょう。
出典:https://datsumo-labo.jp/knowledge/knowledge02/hoshitsu.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です