2019年9月6日

脱毛の痛みを感じやすい部位

VIOや脇など、毛の太い部位
VIO(デリケートゾーン)や脇など、太い毛が密集して生えている部位では脱毛の痛みが強く感じられます。
毛が太ければその分レーザーが強く反応し、発生する熱も強力になるためです。
特に、毛が太いだけでなく皮膚もデリケートなVIOの脱毛は、全身の中でもっとも痛みを感じやすい部位だと言えるでしょう。
ただし、脱毛の回数を重ねることで毛が薄くなってくると、痛みも次第に弱くなります。
出典:https://depilation-cl.com/knowledge/pain

鼻下やヒザ下など、皮下脂肪が少ない部位

皮下脂肪が少ない部位は、痛みを感じやすい傾向にあります。
痛みの刺激が皮膚だけでなく骨にまで伝わるように感じるためです。

皮下脂肪が少なく骨に近い部位の中でも、背中などは毛が薄いことから痛みを感じにくいのですが、その一方で毛の比較的太いヒザ下(すね)は痛みを感じやすい部位です。
さらに、骨に近い上に皮膚もデリケートな鼻下も、痛みを強く感じる傾向にあります。
出典:https://depilation-cl.com/knowledge/pain

痛みの対策はある?

一つの痛みの原因は乾燥肌です。肌が乾燥していると肌を守るためのバリアがなくなり、肌が敏感な状態になってしまいます。乾燥している肌には細胞同士のクッションとなる水分が不足している状態です。そこに脱毛のレーザーを受けた場合、熱を吸収することができず、皮膚の細胞へ直接ダメージが加わってしまうのです。また、生理中も痛みを感じやすいとされています。VIO以外なら生理中でも施術を受けられますが、ホルモンバランスの変化によって肌が敏感な状態になっているので注意しましょう。
出典:https://www.femmy-shinsaibashi.com/depilation/pain/

医療脱毛なら麻酔の検討
どうしても痛みが大きい、不安……ということなら、最初から回避する方法もあるんです。
それは「麻酔をする」ということ。
その麻酔にも種類があるので、ここでは2種類ご紹介します。

まずは笑気麻酔です。
いわゆるガス麻酔のことで、吸入して意識を朦朧とさせるタイプです。
これにより痛みへの感度が鈍くなります。

もう一つは麻酔クリームです。
こちらは皮膚麻酔で、施術箇所に直接塗りこみます。
効果が出るまで時間がかかりますが、ガス麻酔ができない人にすすめられていますよ。
出典:https://4meee.com/articles/view/14655

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です