2019年10月17日

妊娠中のサロン脱毛は危険!

脱毛と妊娠…あんまり関係なさそうですが、基本的に妊娠中の脱毛はどのサロンでもNGとなっています。一般的に、
妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、肌が敏感になる
体毛が濃くなり脱毛の効果を得られない
精神的に不安定になる
痛みに敏感になる
薬品の匂いでつわりになりやすい
などの理由によるものです。いくら健康だと思っていても妊娠中は普段よりも、精神的にも肉体的にも敏感になります。
なので、いつもは何にも感じなかった脱毛の刺激が痛く感じたり、施術中ずっと同じ姿勢をしなければならないことに大きなストレスを感じてしまったりするリスクがあります。
また、施術中につわりになって気分が悪くなってしまったときに、医療施設ではない脱毛サロンでは適切な対応は不可能です。こうした理由から、妊娠を自覚している方への施術は行っていません。
出典:https://datsumo-labo.jp/knowledge/knowledge04/botai.html

基本的に、妊娠中はサロンでもクリニックでもお手入れすることはできなくなってしまいます。妊娠によってホルモンバランスが変化すると、肌が敏感になって肌トラブルを起こしやすくなったり、痛みを感じやすくなったりすることがあるためです。
また、妊娠中は脱毛の効果が薄れたり、逆に体毛が太くなる「多毛症」になる可能性もあったりと、思うような効果を期待できない場合も。さらに、長い時間同じ体勢でいることで身体に負担をかけてしまう、つわりの影響でニオイなどに反応して気分が悪くなる、といったリスクも考えられます。 こういった理由から、多くのサロンやクリニックでは妊娠中のお手入れを断る方針をとっています。

とはいえ万が一、妊娠が分かる前にお手入れを受けた場合もあわてる必要はありません。光脱毛やレーザー脱毛は、あくまで肌表面の黒い部分に働きかけるものであって、体内には影響を及ぼさないからです。当然、胎児に影響を及ぼすこともありません。ただし、上で述べたようにホルモンバランスの変化による肌トラブルなどを起こすこともあるので、妊娠が分かったらすぐにお手入れをお休みしましょう。
出典:https://musee-pla.com/column/question_06/

妊娠したら毛深くなる

今まで生えたことが無かったお腹や乳輪、腕や足の毛も濃くなったと感じることがあるでしょう。元々、人間の体毛というのは、大事な部分を守る為にあります。

例えば、頭部や陰部に毛が多く生えるのはこの為です。

女性が妊娠すると、大事な赤ちゃんを守る為に、体全体のムダ毛が増えると言われています。10か月程の妊娠期間の間、脱毛しても意味がほとんどないのですからしない方が良いでしょう。

出産後、授乳中もムダ毛が生えやすい状態なので、授乳がほぼ落ち着く産後1年位までは、脱毛しない方が無難です。いくらお金を使って脱毛しても、脱毛状態になりにくいので、妊娠・授乳中の脱毛は止めておきましょう。

女性の子育て期間である産後1年を過ぎてから、徐々に脱毛を再開しても良いですので、それまでしばらく我慢した方が、肌のためにも赤ちゃんの為にも安全でお得です
出典:https://om8.sakura.ne.jp/qa/pregnancy.html

妊娠に気づかず光(レーザー)照射をしてしまったけど、胎児に影響はある?

妊娠に気づかずに照射をしてしまった方は少なくありません。
脱毛の光は胎児に影響を及ぼすものではないです。
皮膚の表面に近い毛根付近までしか光とレーザーは届きません。
出典:https://datsumou-classe.com/maternity-datumou-rest/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です