2019年10月21日

行かないと見えないサロンの現実

今や女性の8割が一度は体験していると言われるエステティック。皆さんはサロンを選ぶ時に何を条件にしていますか?
日本のエステティックサービスは国際的にもトップクラスの実力が備わっていると高く評価され、どのサロンも技術力や効果をPRしています。
しかしその一方で中々見えない不安な部分、「長時間拘束されないか」「高額な契約を組まされるのでは」など施術以外の部分でトラブルが減らないことも現実です。
出典:http://esthe-npo.org/syouhisya.html

なぜ長期契約が多いのか?

脱毛サロンに行ったことがある方はすでにわかるかもしれませんが、脱毛サロンは1回施術するだけではあまり効果がありません。脱毛する部位にもよりますが、大体のコースは、6回や12回、18回など、長期的なコースになっています。

長期的な契約になってしまうのは、脱毛サロンに通う頻度が、毛の発育のサイクルに合わせた回数になるためです。例えば、脇の脱毛をしようと思えば、2~3ヶ月に1回というペースで、最低でも6回以上通う必要が出てきます。
出典:https://www.bengohiroba.jp/consumer-damage/article19304.html

困ったときには消費生活センターにご相談ください!
解約時の請求額に疑問を感じたり、お困りの際は、最寄りの消費生活センターにご相談ください。
出典:https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/kinkyu/170427.html

店舗で折り合いがつかない場合はコールセンターへ

顧客とサロン側でのトラブルというものは顧客側に非があっても崩した人間関係の修復は難しいものになります。出来れば、そういったトラブルは無きようありたいものですが、万が一、サロン側で解消できなかった場合にはコールセンターへ申し出る事が一番解決しやすい方法と言えます。
出典:http://datsumo-osaka.net/post-2462

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です