2019年10月28日

気になるお腹の産毛のお手入れ方法とは?

普段は洋服に隠れて気にならないけれど、水着やお腹が見える大胆なファッションになったときに目立ってしまうお腹の産毛。その範囲は、アンダーバストからおへその少し下あたりまでとされていますが、人目に触れることがない箇所のため、お手入れした方がいいのかどうか、迷っている人も多いのではないでしょうか。
今回は、お腹の産毛に関する情報をご紹介していくとともに、おすすめの脱毛コースについても詳しくご紹介していきます。
お腹の産毛を楽にお手入れする方法を知れば、かわいい水着もばっちり着こなせるようになります。ぜひ参考にしてみてください。
出典:https://musee-pla.com/column/tips_29/

脱毛をして腹毛をなくすのも良し

効果は長く続きまた痛くもない、そして自己処理による色素沈着の心配もない理想的な方法です。

ただ外からは見えない腹毛に何万円もかけるのはお財布事情的に辛いという人も多いのではないでしょう。

最近では脱毛機器も美容家電としてラインナップも多くなっています。

2、3万円あれば脱毛器を買うことができるでしょう。
出典:https://ikejo.net/harage-josei-879

医療脱毛では

医療脱毛にはセルフケアが必須ですが、腹部は産毛のような毛が多いため、正しい処理を行わないと、硬毛や増毛などの症状が発生することもあります。ぜひ、セルフケアを行う際の注意点などもスタッフへご質問ください。また、産毛のような薄い毛の場合、脱毛効果を感じるまでに時間がかかることがあります。これは、濃い毛に比べ薄い毛へレーザーが反応しにくいことが影響しています。ただ、渋谷美容外科クリニックでは、長年の歴史と実績の中で研究された、脱毛効果の高い機械を使用。腹部のような広範囲でも確かな力で素早く脱毛を終わらせます。
出典:https://shibu-cli.com/parts/stomach/

脱毛サロンによって脱毛できる範囲は異なりますが、
大半は「お腹」「へそ周り」、稀に「へそ下」と合計3つのパターンがあります。

それぞれの場所の範囲はこちらを目安にしてください。

お腹…バストの下からショーツのラインまで
へそ周り…へそを中心に5cm程度の範囲
へそ下…へその下からショーツのラインまで
脱毛サロンによっては狭い範囲をSパーツ、広い範囲をLパーツと表現しますよね。
上記の場合、へそ周りとへそ下はSパーツ、お腹はLパーツにあたります。

範囲が広いお腹はへそ周りやへそ下よりも料金も高くなるので注意しましょう。
出典:https://xn--tckd1k4b4a3353bsxgo43cre1bi9zc.com/special_article/article/021.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です