2019年10月31日

脱毛中は日焼けNG?

脱毛中は大抵の場合サロンから、「とにかく日焼けは避けましょう」と言われます。そうは言われても「夏になれば海水浴やプール、旅行で思いっきり焼きたい!」と、思う方も少なくないはず。もちろん、海水浴や旅行に行くこと自体は問題ありませんが、そこで肌を日に焼いてしまうことが良くないのです。サロンでは「海や旅先でも、日焼け止めや日傘・日陰をうまく使って焼かないよう工夫してください」と、指導しています。脱毛中に日焼けが良くないのは、なぜなのでしょうか

【1.脱毛部位が日焼けすると痛みを感じやすい】
紫外線による日焼けをすると、メラニンが増えて肌の色が濃くなるだけでなく皮膚の乾燥も起きやすくなります。皮膚の水分が失われて乾燥すると、肌の温度も上がりやすくなりますから、熱で刺激を加える光脱毛ではさらに熱さを感じやすくなってしまいます。そのため、施術時の痛みも起きやすくなってしまうのです

【2.シミなどの原因になるかも!】
肌が日焼けをすると「軽度のやけどをしたような状態」になるといわれています。つまり、紫外線で刺激を受けたことで熱を持っています。その状態でさらに熱刺激を加える光脱毛の施術をすれば、刺激によるダメージも受けやすくなってしまいます。赤味が出て腫れてしまったり、シミや黒ずみなどの原因になったりすることもあるので気をつけましょう。
出典:https://www.datsumousalon-dione.jp/column/d-035/

脱毛中に日焼けをしてしまうと、
・脱毛効果が下がる
・脱毛時の痛みが強くなる
・肌トラブルが起こりやすくなる

これらのリスクが高まってしまうのです。
ここでは、日焼けと脱毛の関係について詳しく解説します。肌への負担が少ない光脱毛の仕組みや日焼けケアについても紹介します!
出典:https://datsumo-labo.jp/knowledge/knowledge02/hiyake.html

境目がくっきりわかる日焼けはNG

日焼けした実感があり、洋服の跡がはっきりわかるレベルだと、施術を断られることがあります。

また、見た目だけではなく、屋外にいた時間や紫外線対策をしていたかどうかも問題になります。

日焼けの跡がくっきり残っているということは、すでにお肌が炎症を起こしている証拠です。

そうなると、炎症が治まるまで脱毛はできないので、1ヶ月〜2ヶ月程度、脱毛時期をずらしたほうが良いでしょう。

仮にサロン側から断られなくても、日焼けした状態で施術すると、やけどや赤み、肌荒れの原因になるので、無理せずお肌のことを最優先に考えて予約をキャンセルしてください。
出典:https://remumo.jp/content/hair/datsumo_hiyake/

脱毛と紫外線、日焼けの関係

脱毛を安全にすすめる為にも、効果的にすすめる為にも紫外線や日焼け対策は重要な事はご理解していただけましたか。脱毛の施術はプロのスタッフが安全に行う事ができますが、アフターケアは施術スタッフだけでなく自分自身も気をつける事が大切です。紫外線や日焼けに関しては脱毛を抜きにしてもシミやソバカスになったり、皮膚のたるみ老化に繋がるので誰もが気をつけるべき事です。
出典:http://bestdatsumou.com/topics/topics-4455/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です