2019年11月4日

脱毛による肌へのダメージはある?自己処理とどっちが良いの?

脱毛サロンでは脱毛をする部分に専用のジェルやローションを塗ります。これにより肌への負担が軽減され、敏感肌の方でも脱毛ができるようになります。
痛みは個人差がありますが、ほんの一瞬軽い痛みを感じる程度で、まったく痛くないという方もいるほど。
「剃ったり、抜いたり」する自己処理を続けることのほうが肌へのダメージは大きく、「乾燥」「黒ずみ」などの肌トラブルの原因となります。
脱毛をする事により、自己処理を繰り返すことでのお肌への負担が減りますので、肌状態をいま以上に悪化させるのを防ぐ事ができます。

また、脱毛サロンではほとんどの場合、お手入れ後のアフターケアを行います。脱毛後の肌は敏感になり炎症を起こしやすいため、スキンケアが非常に重要です。光を当てた箇所を冷やしてトリートメントすることで、ダメージをケアします。
それでも「敏感肌なので不安・・・」という方は、カウンセリングの際にご自分のお肌の状態について相談してみましょう。
出典:https://musee-pla.com/column/question_04/

どのムダ毛処理方法にもリスクが存在する

ムダ毛を処理していく場合、自己処理も含め、少なからずどのような部位でも、どのような方法でも、肌へのリスクは存在します。
クリニックやサロンの場合、レーザーや光を肌に当てて脱毛を行うため、どうしても熱のエネルギーによる肌へのダメージは避けられません。
ただし、肌へのダメージは、自己処理でも発生します。自己処理をする際にしっかり下準備しないままカミソリなどで剃ってしまい、カミソリ負けをしてしまったり、肌が荒れたりした経験がある人も多いと思います。
また、カミソリ負けのように自覚できるダメージはかなり負荷がかかっている状態で、傍目にわからないような場合でも自己処理で肌にダメージを与えてしまっている!ということはよくあります。
このように、どんなムダ毛処理方法も、こうした肌へのダメージはつきまとうものです。
ただ、自己処理とクリニックやサロンとで大きく違うのは、「医師や脱毛のプロがいる」という点。サロンやクリニックでの脱毛はプロの手でムダ毛の処理を行ってもらい、さらには肌のトラブルを相談できるため、自分で処理した場合に比べると不安が軽くなります。
出典:https://datsumo-labo.jp/knowledge/knowledge06/side_effect.html

クリニックで行うレーザー脱毛、サロンで行う光脱毛でも、体の免疫力が弱っている時や肌の状態などにより、脱毛時の光が皮膚へ負担となり、稀に肌トラブルが起こってしまう場合があります。
出典:https://www.sankei.com/economy/news/190207/prl1902070437-n1.html

脱毛期間中のホームケアについて

ミュゼプラチナムでは肌ダメージの少ない美容脱毛を行っていますが、敏感肌などで肌荒れが心配な方は、事前のカウンセリングでスタッフにご相談ください。万が一肌荒れが起きた場合の対策について、丁寧にお応えいたします。
また、脱毛期間中は、ご自宅でも保湿を徹底していただくことをお願いしております。お手入れの当日以降もしっかり保湿することで、お肌の状態を健やかに保つことができるので、クリームなどで保湿を欠かさないようにしてください。
夏は日焼け対策も必要になります。日焼けはお手入れ後の敏感なお肌にダメージを与えるため、日傘や帽子で紫外線を防いでください。ただし、お手入れ当日の保湿クリーム、日焼け止めクリーム、制汗剤のご使用は、ミュゼプラチナムが推奨する製品を除いてお控えください。
出典:https://musee-pla.com/column/question_04/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です