2019年11月5日

ワキの処理頻度

「毎日」処理するメンバーは11%で、週1以上の頻度で自己処理をする方は、59%という結果に!
また、「処理はしていない」と答えたメンバーは7%ほどに留まっており、他の部位と比べたら“わき”は頻繁に処理されているパーツのようですね。

また、処理方法を聞いたところ、55%の方が“カミソリ”を使っていると回答。
“毛抜き”という方も3割ほどおり、わきという狭い範囲で、“毛抜き”をカミソリと併用している方も。
出典:http://www.kracie.co.jp/tanpopo/vol28.html

自己処理の方法は

一番多い処理方法はカミソリが圧倒的で66.5%、第二位の毛抜きが36.1%となっています。やはり、お家の中では手軽に使えるアイテムがいいみたいです。
出典:https://www.tescom-kireilab.jp/items/2242/

カミソリ・毛抜きによる自己処理の方法

一般的な方法といえば、カミソリや毛抜きでの自己処理です。費用もリーズナブルで、入浴時やお風呂上りに簡単に処理できることから、よく使われています。
カミソリで剃るときは、T字カミソリを使います。お肌へのダメージをできるだけ少なくするためシェービングクリームやジェルなどを塗り、毛の流れに沿って剃ります。
また毛抜きを使う場合は、毛を抜く部分に蒸しタオルなどを当てて、温めてから始めます。毛抜きで抜き終えたら、カミソリと同様に冷たいタオルなどで冷やし、保湿します。 しかし、カミソリや毛抜きはお肌にダメージを与えやすいのがデメリット。間違った方法で処理すると、色素沈着や肌荒れ、埋没毛などを起こしてしまうため注意が必要です。
また、1本1本処理が必要な毛抜きは、ワキのような見えにくい箇所や、腕や脚など広範囲にわたる箇所、デリケートゾーンの処理には向きません。
出典:https://musee-pla.com/column/question_09/

ムダ毛の自己処理とプロのエステの違い

女性にとって永遠の悩みとも言える「ムダ毛処理」。
面倒くさいだけでなく、肌荒れなどのトラブルを起こしたり、悩みを抱えている人も多いと思います。

自己処理による脱毛方法とデメリット
自己処理による脱毛方法といえば、まず多くの方がやっているであろうカミソリによる処理方法。
カミソリで剃るたび、実は肌の表面を削っているのです。
厚さにしてラップ1枚程度の厚さですが、肌を守っている表面を削っていると考えるとその恐ろしさがわかるかと思います。
表面を削っているので、肌が敏感になり、トラブルが起こりやすくなります。
さらに乾燥しやすく、肌がカサカサになってしまいます。
出典:https://datsumo-icell.jp/column/structure/%E3%83%A0%E3%83%80%E6%AF%9B%E3%81%AE%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%87%A6%E7%90%86%E3%81%A8%E3%83%97%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%86%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です