2019年11月6日

除毛クリームの基本的な使い方

そもそも除毛クリームの仕組みとしては、除毛クリームに含まれている成分が体毛を作っているケラチンタンパク質を溶かすことで除毛をするという仕組みになっています。

ムダ毛が隠れるくらいしっかりクリームを塗る(中にはスポンジやヘラがついている製品や、直接チューブを肌につけて塗るタイプもあります。その場合はそちらを利用してパッケージの指示通りに塗ってください。)
塗布したまま、パッケージに記載されている時間待ちます。ほとんどの製品は5〜15分が平均なようです。
時間が経ったらクリームを少しだけ取り除き、除毛が十分にできているかチェックします。できていないようだったらもう少し足してしばらく待ちましょう。
その後除毛が確認できたら残りのクリームを取り除きます。
水かぬるま湯でクリームをきれいに洗い流し、タオルで拭いたあとにボディクリームなどを塗って保湿しましょう。
出典:https://feely.jp/4568193/

除毛クリームの効果

有効成分がムダ毛を溶かして処理
除毛クリームの仕組みは、有効成分によってムダ毛を溶かすことで処理するというものです。
有効成分としてはアルカリ性のチオグリコール酸カルシウムやチオグリコール酸ナトリウムなどのチオグリーコール塩酸が配合され、体毛を形成するケラチンタンパク質の結合を分解する仕組みになっています。
カミソリによる除毛と異なり、溶かされた毛先が丸くなるため残った毛根も目立たず、滑らかに仕上がるのが特徴です。

効果の持続期間は3日~1週間程度
毛の濃さや太さ、生えてくるスピードによって個人差はありますが、効果の持続期間は3日~1週間程度です。
基本的には、剃るのと同じように表面に露出した部分を処理しているだけなので、定期的な脱毛が必要になります。
出典:https://setsuyaku.hikakunet.jp/2808/

毛を抜く「脱毛」と違い、毛穴の中の毛はそのまま残っています。翌日からまた伸び始めるので、定期的なムダ毛処理が必要です。しかしカミソリやシェーバーなど、刃でカットする「剃毛(ていもう)」に比べると、「除毛」は毛先が溶かされなめらかな状態に残っているので、嫌なチクチク感がありません。除毛クリームはドラッグストアや通販などで容易に手に入れることができ、使い方も塗って流すだけと簡単。ムダ毛処理の入門編として最適です。ただしアルカリ性のタンパク質分解成分が、毛だけでなく肌にも刺激を与えるので、アレルギーチェックのため使用前のパッチテストは必ず行いましょう。また製品ごとの使用方法を正しく守りましょう。
出典:https://news.ameba.jp/entry/20180504-459

除毛クリームは便利だけど、肌の負担になる可能性あり!

除毛クリームは一部の商品を除き、基本的にVIO部分には使えません。また肌が弱い人の場合は、使い方が正しくても湿疹やかぶれなどが出ることがあります。そのため、除毛クリームはまずパッチテスト(除毛しようとしている部分に少しだけ塗り、10分程度放置して異常が出ないかどうかを確かめる方法)をして肌との相性を調べるのが鉄則です。しばらく時間が経ってから湿疹などが起きることもありますので、除毛クリームを使うかどうかは、パッチテスト実施から2日間程度の期間をおいて判断するとよいでしょう。
出典:https://musee-pla.com/column/tips_19/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です