2019年11月7日

アレキサンドライトレーザーでの医療脱毛のメリット

医療脱毛効果のみでなく美容効果がある
メラニン色素は毛だけでなく、シミがある肌などにも含まれているため、メラニン色素に反応するアレキサンドライトレーザーは、美容皮膚科や形成外科でシミ取りに使用されることもあります。

また、医療レーザー照射時、肌が刺激されるときにコラーゲンが生産されることがあり、美肌効果が期待できることも特長です。これらのことから、医療脱毛効果とともに美容効果が期待されており、脱毛しながら肌を美しく改善できることも挙げられます。

冷却装置で炎症や痛みを医療脱毛時に抑えることができる
高出力の医療レーザー脱毛機器を利用すると、やけどや炎症などの肌トラブルを起こす可能性が高くなり、肌を傷めてしまうかもしれません。アレキサンドライトレーザーは、強力な皮膚冷却装置を装備していることがあり、その場合は肌トラブルや肌へのダメージを軽減させることが期待できます。
出典:https://om8.sakura.ne.jp/iryo-laser

毛母細胞のみに働きかけるので、皮膚に負担をかけることなく安定した結果とスピーディな脱毛効果を得ることができる日本人の肌に最も適したレーザーです。
皮膚の表面や周辺の組織には傷を残さず、安全な脱毛を行うことが可能です。
また、毛穴の黒ずみやくすみを分解する美白効果や、毛穴や皮膚自体を引き締める効果、コラーゲン産生を促進する効果を併せ持っているため、同時に美肌効果も期待できるというメリットがあります。脱毛終了後には脱毛効果に加えて美肌も実感できます。
出典:https://shibu-cli.com/lohas-datsumou/reason/effect.php

アレキサンドライトレーザーでの医療脱毛のデメリット

・痛みを伴う
医療レーザーは痛みを伴うという話はよく聞きますが、日本で始めて導入されたアレンサンドライトから派生した可能性があります。
特に毛の濃い部分などへの照射は、それ以外の部位よりも痛みが生じやすい可能性があります。

・産毛などメラニン色素含有量の薄い部分への効果が少ない
メラニンに反応させる方法に分類されるため、メラニン色素含有量が少ないと十分な効果を発揮出来ない場合があります。
産毛などの脱毛にはあまり適していないと言えます。

・日焼けのお肌との相性が悪い
メラニン色素への反応が顕著で、脱毛効果が得られやすい反面、お肌にもメラニンが含まれているため、日焼けをしている場合、または黒ずみなどの色素沈着が多い場合は、アレキサンドライトによる医療脱毛を受けられない場合があります。
出典:https://datumou-datumou.com/medical-knowlege/alexandrite/

アレキサンドライトレーザーはメラニンに反応しやすいため、色黒肌や色素沈着を起こした肌に対しては照射できないという欠点があります。
肌のメラニンにレーザーが反応し、やけどを引き起こしてしまう恐れがあるためです。

また、産毛など毛の色が薄い場合には、レーザーが反応しにくいため脱毛効果が出づらい傾向にあります。
出典:https://cecile-d.com/medical/compare/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です