2019年11月9日

ダイオードレーザーの主な機械

ライトシェアデュエット
脱毛器で有名なルミナス社の機種で、世界で初めて永久脱毛の認可を受けています。

世界シェアはナンバーワンで、特に東洋人には効果的な機種と言われます。独自の吸引システムによって距離を縮め、照射出力を下げても効果があるため痛みを軽減することを可能にしています。

ベクタス
ダイオードレーザー脱毛機の中でも、最新と呼ばれる機種です。自動でメラミンを測定する事が出来る『スキンテル』という機械を使える、世界で唯一の機種でもあります。

スキンテルを使う事で正確な出力レベルを設定でき、安全に脱毛できます。また、広い照射域によって短時間の施術による高い効果を得られるといった特徴を持っています。

メディオスター
毛根をレーザーによって直接的に壊すわけでは無く、発毛因子である『バルジ因子』に熱を与える脱毛機です。そのため痛みは少なく、直射日光を浴びた時に感じるジリジリとした熱を感じます。

日焼けなどに左右されること無く使えるのが特徴で、肌へのダメージが非常に小さい機種です。

ソプラノアイスプラチナム
医療用蓄熱脱毛(SHRテクノロジー)という方式の機種です。弱いエネルギーで温度を上げ、毛包とバルジ因子の両方を熱によって攻撃します。

痛みが少なく、子供にも使えるのが特徴です。3つの波長を同時に照射するため、浅い毛から深い毛まで対応するだけでなく、肌の色や毛の色にも関係無く効果があります。また、照射口と冷却口が一緒になっているので、非常に短時間で施術が行えるのも特徴の1つです。

以上が代表的な4機種になります。

それぞれに方式が違う為、特徴があります。次は、機種ではなくダイオードレーザーを使うメリット・デメリットを紹介します。
出典:https://datumou-clinic-review.org/diode-laser-commentary/

ダイオードレーザーとは?脱毛の仕組み

ダイオードレーザーは最先端の医療用脱毛機器です。従来の医療レーザー脱毛と比較して、高い脱毛効果を誇り、痛みも少なく肌に優しいレーザー脱毛です。
また、FDA(Food and Drug Administration:米国厚生省食品医療局)において、永久脱毛の効果があると認可されており、その安全性のある医療レーザー脱毛です。

ダイオードレーザーは、レーザーを直接肌に照射し、照射されたレーザーは皮膚の表面を通過して、毛母細胞のみにダメージを与えます。レーザーの熱によって、毛や毛根、皮脂腺が破壊され毛が抜けます。毛根や毛包幹細胞を破壊された毛が次に生えてくることはありません。
なお、休止期の毛にはレーザーの効果がないため、永久脱毛には毛周期に合わせて、数回の施術が必要になります。
出典:https://find-best.me/datsumou/column/method/diode-laser/

ダイオードレーザーのメリット

ダイオードレーザーのメリットとしては、広い範囲の脱毛が短時間で済むということ、他の医療脱毛機器に比べて痛みが少ないということの2点があります。

まず広い範囲の脱毛が短時間で済むということに関してですが、これはダイオードレーザーは他の医療脱毛機器に比べて照射範囲が広いので、短時間で済むためです。

そして他の医療脱毛機器に比べて痛みが少ないこともポイントです。
出典:https://motehada.jp/medical-datsumo/

ダイオードレーザーのデメリット

ダイオードレーザーは脱毛効果は期待できるものの、他のレーザー脱毛機が持つような美肌効果はありません。

小さい黒子やシミを消したいという方はあまり過度な期待をしないほうがよいでしょう。ダイオードレーザーは、発熱から肌を守るためのジェルが必要なマシンもあります。

ライトシェアデュエットは、吸引式を取っているためジェルの必要はありません。ジェルの感触が苦手という方は、ジェルを使わないマシンがあるかどうかを確認しましょう。

ダイオードレーザーであっても、毛を1本も残らずに処理できるかといえば、毛が再発してしまうこともあります。

休止している毛の成長期にいくら当てても脱毛はできませんので、成長期に合わせて照射を行うことが大切です。

出典:https://xn--mc-0k1e939e.jp/%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%A4%E3%81%82%E3%82%8B%EF%BC%9F.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です