2019年11月13日

そもそもVラインとは何?

Vラインとは、下着や水着を履いたときにV字に見える部分のことです。「ビキニライン」と呼ばれることもあり、逆三角形の範囲全てを指す場合もあります。
出典:https://www.schick-jp.com/ladies/sm/post/995/

Vラインの処理に適したタイミングは?

毛周期って何?「成長期・退行期・休止期」の3つのサイクル
Vラインの適切なお手入れには、いくつか注意すべきポイントがあります。その中で、特に確認しておきたいのが「毛周期」です。

体毛にはすべて「毛周期」と呼ばれるものがあります。「毛周期」には、「成長期(毛が成長している時期)」、「退行期(毛が衰えて抜けていく時期)」、「休止期(発毛が停止している時期)」のサイクルがあり、この周期で生え変わっています。毛周期は年齢や部位などによって異なるため、美容脱毛専門サロンでは、それぞれの部位に合わせた毛周期でお手入れをしていきます。

脱毛は「成長期」にある毛に対して行われるものですが、「一度お手入れしたら終わり」というものではありません。休止期を経て新しく生えてくる毛に対しても行い、お手入れを繰り返すことで、ムダ毛が気にならなくなっていきます。

例えば、「水着になる夏に合わせてムダ毛を処理したい」ということであれば、ある程度の余裕を持って、脱毛サロンに足を運ぶ必要があるでしょう。特にVラインなど、デリケートなVIO部分の脱毛は、生理期間中はできないなどの条件もあります。個人差はあるものの、1年以上の余裕を持って脱毛をしておいた方が安心です。「来年の夏」を目指して、「今年の夏」から脱毛のお手入れを始めるとよいでしょう。

出典:https://musee-pla.com/column/tips_18/

自宅でセルフ処理

電気シェーバーとヒートカッターを使う
Vラインは肌が薄く、性器が近いため、ムダ毛が濃く、太く生える箇所です。
カミソリや毛抜きでの処理は、肌トラブルが起こりやすく、非常に危険です。
Vラインの埋没毛や、肌の炎症が起きたら、医師による治療が必要です。カミソリ、毛抜きでの処理はやめましょう。

Vラインの処理には肌を傷をつける心配が少なく、太い毛も処理できる、電気シェーバーとヒートカッターがベストです。
出典:http://www.entertainmentafrica.com/

Vラインの脱毛効果

Vラインは、ショーツでちょうど隠れる部分、Vの形をしたエリアを指します。女性の中には、Vラインの毛の量が多くて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。だからといって、自己処理をしてもイメージしたように上手に薄くすることは難しく、場合によっては皮膚を傷つけてしまい炎症を起こしてしまうこともあります。
大変デリケートな部分のVラインの脱毛は、脱毛サロンがおすすめです。キレイモでは認定エステティシャンがプロの施術を行いますので、誰でも理想のVラインにすることが可能です。また、シェーバーなどでのセルフ処理は定期的に行わなければなりませんが、サロン脱毛は施術を受けるほど毛が薄くなって生えてこなくなるのです。
出典:https://kireimo.jp/column/vline/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です