2019年11月16日

VIOの範囲、どこまで脱毛する?

まず考えておきたいのが、『VIO脱毛をどこまで行いたいか』です。「全身ツルツルにしたいから毛を1本も残したくない!」という方もいれば、「毛量の多さが気になるだけなので多少は残して薄く整えるレベルにしておきたい」という方もいると思います。
エステサロンなどのカウンセリング時にVIO脱毛について相談した際には、スタッフさんに「ハイジニーナにしますか?」と聞かれることがあるかもしれません。
出典:https://www.datsumousalon-dione.jp/column/vio%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%84%E5%BD%A2%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%80%81%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%86/

そもそもVライン・Iライン・Oラインってどこからどこまで?

VIOの脱毛を行う前に重要なのが、V・I・O、それぞれの脱毛箇所の把握です。

Vライン・・・「ビキニライン」ともいわれ、下着や水着などからハミ出てしまうしまう部分のこと
Iライン・・・Vラインより陰部に近く、割れ目の両端からOラインまでの部分のこと
Oライン・・・肛門の周囲の部分のこと

このように分かれています。自分が脱毛したいのはどの部分なのかを改めて確認しておきましょう。
出典:https://datsumo-labo.jp/knowledge/knowledge05/datsumo02.html

Vラインの範囲って?

Vラインとは、一般的にはデリケートゾーンの両サイド、つまり両足の付け根あたりの部位を指します。
ミュゼのVラインの脱毛範囲は、「Vラインプレート」※を当てて、はみ出た部分の毛が対象になります。具体的には、台形型の縦が股下辺りから上に10㎝、横が股下側5㎝、腰骨側10㎝の範囲をデリケートゾーンに指定しており、その部位を除いた両サイドをシェービングします。 Vラインは毛が太くてデリケートな部位なので、自己処理をすると伸びてきた毛がチクチクしたり肌荒れの原因になったりすることもあります。

サロンでは脱毛の前後にしっかり保湿を行うため、痛みや肌トラブルをなるべく軽くすることができます。またプロが一人ひとりの状態に合わせてきちんと処理してくれるので、安心して任せられます。 Vラインプレートを当ててみると、はみ出るムダ毛の多さに驚くことも!Vラインをキレイにお手入れすれば、大胆なデザインの下着や水着姿にも思い切ってチャレンジできそうですね。
  出典:https://musee-pla.com/column/question_01/

アラサー男子からの〝アンダーヘアー〟への意見をおさらい!

「下の毛がツルツルだと、ガードがゆるい印象。セックスに奔放なんだな・・・って思っちゃうから、本命彼女にするにはちょっと不安」(外資系保険会社・28歳)、「ツルツルならケアゼロのボーボーの方がまだマシ。これから自分好みに脱毛してもらえばいいし」(外資系保険会社・30歳)

じゃあどのぐらいがいいの?
「正直、ツルツル以外だとどのぐらいまで脱毛しているかなんてわからない。もともと薄い子かもしれないし。だから、ツルツルじゃなければなんでもいい」(IT関係会社勤務・27歳)、「ちょい残しぐらいがいいと思う。恥じらいを感じるし、手入れしてるのもわかるし!」(外資系保険会社勤務・27歳)

出典:https://www.andgirl.jp/0000012346?page=1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です