2019年11月18日

除毛クリームの仕組みと特徴について

除毛クリームは、その名前の通り「ムダ毛を除くためのクリーム」を指します。ムダ毛の主成分はたんぱく質ですが、これを溶かす成分を配合した除毛クリームを塗ることで、ムダ毛をきれいキレイに処理することができるわけです。
ただし、この除毛クリームは便利な一方で、使い方を間違えれば肌に大きなダメージを与えてしまうものでもあります。ある程度は自分で対処できますが、人によっては除毛クリームによる処理が向かない場合もあるので要注意です。除毛クリームが向かない場合は、エステサロンなどでのお手入れを考える必要が出てくるでしょう。除毛クリームとの付き合い方について、ここでしっかり理解しておいてください。
出典:https://musee-pla.com/column/tips_19/

自己処理をすると毛が濃くなるという噂の真相

自己処理をすると本当に毛が濃くなるのかという噂について検証するために、まずは脇の下やすねのムダ毛をカミソリで自己処理した場合を想像してみましょう。カミソリによる処理は、毛を根元から抜くのではなく、カミソリの刃で毛の根元の太いところを平らに切断するという方法です。つまり、毛の途中で切断しているだけですから、毛根が残っており、処理しても次の日にはまた毛が伸び始めることになります。伸びてくる毛の先は、切断前の毛先よりも太く、しかも断面が平らです。この状態は先端が細くなった木と根元で切った切り株を上から見比べる場合とよく似ています。処理前と処理後で毛穴の数が変わっているわけではないので、毛の本数が増えることはないのに、細い毛の先端が見えているときよりも太い切断面が見える方がハッキリと見えるため、毛が濃くなったように感じられるということなのです。
出典:https://ginza-calla.jp/contents/knowledge/b-93.html

毛が濃くなったという錯覚が起こる理由

除毛クリームを使ってムダ毛のお手入れをしたとき、毛根は残ったままになっています。
除毛クリームは、皮膚の外に出ているムダ毛を処理するもの。

そのため、除毛クリームでムダ毛のお手入れをすると、カミソリで処理をしたときと同じようになっています。

時間が経つと、ムダ毛が伸びてきて、またムダ毛の処理をしないといけない状態です。

毛根を残したままのムダ毛のお手入れは、どうしても毛が濃くなったと感じます。それは、毛の太さは毛根から毛先まで均一ではないからです。
出典:https://jyomou-megami.com/keganokoruriyuu/

除毛クリームは手軽でコストパフォーマンスに優れ、即効性の高さが魅力です。そういう観点で見れば、優れたムダ毛処理方法といえるでしょう。また、除毛クリームを使っても、後から生えてくる毛が濃くなるということもありません。そのため、例えば「明日、海に行くからムダ毛を処理したい」などのようなケースなら、とても使い勝手がよいアイテムです。 ただし、除毛クリームにはVIO部分の処理に制限があったり、肌が弱い人は肌荒れが起きやすかったりというデメリットもあります。パッチテストを行うことである程度予防することもできますが、肌荒れがひどいようならば病院で診察を受けなければなりません。そうしたデメリットを避けたいのであれば、美容脱毛専門サロンの利用をおすすめします。 出典:https://musee-pla.com/column/tips_19/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です