2019年9月6日

サロンでの処理方法は?

S.S.C.方式美容脱毛
ジェルの上からライトを当て脱毛する、 S.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)の美容脱毛。
安定したライトと、ジェルに含まれる成分によって肌をいためずスピーディにお手入れすることができます。
トリートメントには独自開発の、プラセンタエキス配合のミルクローションを使用しているため、美肌効果も期待できます。
出典:https://musee-pla.com/about/method/

ブラジリアンワックス
脱毛サロンが痛すぎるのと、明日にはもうムダ毛をなくしたい、VIOなど部分的に脱毛したいという人に人気でした。明日水着を着る予定がある!という駆け込みサロンとしてもおすすめ。

光脱毛
エステなどで行うことの多い「光脱毛」。医療レーザーに比べて痛くないのと時間もかからないのがいいところですが、毛周期にあわせて3~4か月に1度で数回から数十回は通わなければいけません。

医療レーザー脱毛
医師のいるクリニックで施術が可能な医療レーザー脱毛。レーザーがピンポイントで毛根まで届くから、人によってはかなり痛みを感じることも。ただ、光脱毛に比べて短期間で毛がなくなるそう。

出典:https://cancam.jp/archives/211615

簡単にできる自己処理!

カミソリで剃る他には脱毛クリームやワックス、脱毛器などを使用する方法があります。脱毛クリームは気になる部分に塗り時間がたつことで毛を溶かします。カミソリを使わないので痛みがなく肌荒れや剃り残しが発生しにくいですが、長期間は続かないため、緊急に除毛したい場合にピッタリです。
脱毛ワックスはテープやペーパーとセットで使う商品で、脱毛したい部分にワックスを塗り、毛を接着させたテープやペーパーを剥がすのに合わせて毛を一緒に抜く方法となっています。毛根ごと抜けるためクリームよりも次の除毛まで期間が長いですが、少し痛みがあるのが難点です。
脱毛器は脱毛サロンなどで使用しているような光を出す機械の家庭用で、気軽に脱毛サロンのような光を自宅であてることができますが、購入費用が高いという点があります。
出典:https://xn--lckwf7cb5558dg0hnt1bzdp.com/column/273/

セルフ脱毛のメリット・デメリット
メリット
低コストで脱毛ができる
いつでも自由に脱毛ができる
好きな部位を脱毛できる

デメリット
脱毛効果が低い
時間がかかる
手が届かない部位がある

出典:https://remumo.jp/content/treatment/datsumo_serufu/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です