2019年11月25日

鼻毛用ブラジリアンワックスの危険性

鼻毛用ブラジリアンワックスも毛抜き同様、鼻の中の粘膜への負担が大きいため、おすすめできません。
出典:https://mens-rinx.jp/contents/hanagedatsumou

鼻の粘膜を傷つけ、炎症を起こす可能性も

腕や脚などの皮膚を脱毛するのとは違い、鼻の中は粘膜で覆われています。粘膜は傷つきやすく、直下には血管が通っています。

鼻毛を脱毛することによって、粘膜を傷つけてしまう危険性や、その傷口から菌が入り込んで炎症を起こしてしまう危険性があります。

そのため、鼻毛脱毛には高度な技術が必要ですが、医療クリニックでも施術できないところが多いです。
出典:https://datumou.love/column/useful/parts/vibrissa/

内出血の可能性も!

毛が濃く太い部位では毛細血管が毛根組織と密になっており、ブラジリアンワックスにより無理やり毛を抜いてしまうことで、内出血を起こしてしまう事もあります。
特に鼻の中は粘膜であり毛細血管がたくさん通っているため、内出血だけではなく出血を起こしてしまう可能性もありますので注意が必要です。
出典:https://www.kenasiii.com/2368

鼻の中は、吸い込んだ空気に十分な湿度を与えたり、空気の温度を調整するために粘膜で覆われています。そこに強力な粘着力のあるブラジリアンワックスを塗ってしまうと、脱毛時に粘膜も鼻毛と一緒に剥がしてしまう可能性があるんです。
鼻の中の粘膜が傷ついて保温、保湿機能が失われると、呼吸器疾患やアレルギー性鼻炎などの原因になってしまいます。実際に、鼻毛をセルフ脱毛をしてから違和感を感じて耳鼻科に駆け込む人もいるんですよ。
出典:https://datumou-derella.jp/nosehair-hairloss/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です