2019年11月28日

メンズ脱毛で痛みを抑える方法はある?

笑気麻酔(ガス麻酔)
鼻から有効成分を含んだガスを吸うことで麻酔をする方法です。

笑気麻酔を吸入するとお酒に酔ったような酩酊状態になり、痛みへの不安や痛みそのものを感じにくくさせる効果があります。

副作用はほとんどないと言われていますが、まれに頭痛や吐き気を感じてしまう人がいるようです。

2000年前後には酸欠による事故があったようですが、吸入器の改善により現在ではそのような事故も見られなくなったようです。
出典:https://magazine.voicenote.jp/7775/

注射による麻酔で効果は高く、施術中の痛みをできるだけ抑えたい場合にはこの方法を選びます。ただし、注射の回数は鼻下だけでも5~6回と意外に多く、注射自体の痛みは伴います。
ヒゲ脱毛ではヒゲが濃い状態だとより強い痛みを感じますが、施術を繰り返して徐々にヒゲが薄くなっていくとそれに伴って痛みも和らいでいく傾向があります。このため、麻酔を行うのは3~5回目の施術までが適当といえます。
また、ヒゲ脱毛における麻酔の副作用の報告は多くありませんが、じんましんや吐き気、めまいなどの症状が出る可能性もあるため注意が必要です。特にアレルギー体質の場合には施術の前にその旨を申し出るようにしなければなりません。
出典:https://datumou-man.jp/pain-beard-epilation/

肌を綺麗にしておく

ヒゲ脱毛が痛いときの対処法として「肌を綺麗にしておく」というものがあります。
肌の炎症が強いと、照射ができないからです。
日々のヒゲ剃りで肌を痛めている可能性があるので、いま1度、以下の手順を確認して、ヒゲ剃りの仕方を見直しましょう。
洗顔をする
剃る部分を温める
シェービング剤を塗る
なるべく毛の流れにそって剃る
アフターケアを徹底する
「逆剃りの方がちゃんと剃れる!」と思うかもしれませんが、逆剃りは肌に大きなダメージを与えやすいので、避けましょう。
出典:https://xn--u9j8grdp48kc64a3pax71c7sw.com/news/pain/

痛みの感じ方は個人差がある

メンズヒゲ脱毛で痛みを感じる人が多い一方、あまり痛みを気にしない方もいらっしゃいます。光脱毛やレーザー脱毛は黒い色素のメラニンに反応するものなので、肌が色白な人は肌が色黒な人や日焼けしている人よりも痛みは少ないのです。

また、痛みはヒゲの密集度によっても変わるでしょう。ヒゲが青くなる人は密度が高いのでフラッシュやレーザーは反応しやすいので痛みを強く感じてしまいます。この場合は色白の人でも痛みが強く、色黒であればさらに痛みが増すでしょう。
出典:https://haloss.jp/news/3099/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です