2020年1月13日

ヒゲ脱毛が痛い原因は、照射方法によるものが大きい

光脱毛【ほぼ無痛】
【利用者の声】
輪ゴムで弾かれる程度の痛み
温かみを感じる程度の痛み

医療レーザー脱毛【強い痛み】
【利用者の声】
ピリピリとした痛み
涙が出るほどの痛み
出典:https://xn--u9j8grdp48kc64a3pax71c7sw.com/news/pain/

光脱毛の場合
光脱毛は3つの脱毛方法の中で、最も痛みが少ない施術方法です。レーザー脱毛に比べて威力が低く、また1度に広範囲への照射ができることからショット数も少ないので、痛みを感じる時間が少ないと言えます。
レーザー脱毛
メンズヒゲ脱毛で痛みを感じるという意見で多いのはレーザー脱毛です。上記の火花を当てたような痛みもレーザー脱毛に対する意見でした。ただ、医療機関で行われる施術なので、麻酔をすることで痛みを抑えることが可能です。
ニードル脱毛
こちらは針と電流を使った脱毛方法なので、痛みに関しては施術師の技量によって差が出るでしょう。手際の悪い施術師の場合はレーザー脱毛以上の痛みを感じる恐れがあります。また、エステでの施術なら麻酔は使用できません。
出典:https://haloss.jp/news/3099/

ヒゲ脱毛は痛いけど対策もできる

ヒゲ脱毛では一定程度の痛みを伴います。これを緩和するには日常生活で事前に対策を講じたり、直接的には麻酔を用いるのが一般的です。

しかしながら、近年ではこれまでの脱毛理論とは全く違った方法で脱毛をする脱毛機器も登場しています。特に注目されているのが「メディオスターNeXT PRO」と呼ばれる機器です。
これは毛乳頭を破壊するのではなく、ヒゲの生成に必要な細胞をつくり出す「バルジ」を破壊し、体毛の再生を抑制することから、これまでの脱毛機器よりも痛みが軽減されています。

このため、特に痛みに弱く、麻酔にも不安があるといった場合にはこうした最新の機器を導入しているクリニックを選ぶのもヒゲ脱毛の痛み対策には有効な手段といえるでしょう。
出典:https://datumou-man.jp/pain-beard-epilation/

脱毛はなぜ痛いのか?

まずニードル脱毛についてですが、上記の3つの脱毛方法のなかで最も痛みが強いと言われています。針を刺すことに痛みをイメージする方が多いのですが、ニードル脱毛で痛みを感じやすいタイミングとしては針を刺して電気を流す瞬間に強い刺激が加わります。

レーザー脱毛は、医療機器のレーザー光線の温度は約200~250℃のものが多く、それを狭い範囲で集中的に照射するため肌への刺激は強く、施術時の痛みが我慢できない方のために麻酔が用意されています。

フラッシュ脱毛はこれらの脱毛方法の中では最も痛みが抑えられた脱毛だとされていますが、照射する光は70~100℃近くまで熱を持つため、男性の髭が密集している部分には刺激を強く感じやすい傾向にあります。
出典:https://note.mu/hybis_datsumo/n/n0e1c50e38638

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です