2020年1月9日

クーリングオフや解約は簡単に出来る?

脱毛サロンやエステにおいていったん契約を交わした内容をキャンセルする場合は8日以内に
「クーリングオフキャンセル」という方法が適応されます。
つまり、脱毛サロンやエステにおいては、特定商品取引に関する法律に基づいて「特定継続的
役割任務提供」に該当する為、支払ってしまったお金が全額返金されます。
但し、期限が一ヶ月以内の5万円以上の商品が対象です。
実際的な契約のキャンセルについては、必ず「ハガキによる書面」を送付する事が原則です。
良心的な脱毛サロンやエステの場合においては、電話でキャンセルに対応してくれるお店も
あります。
ところが、万が一クーリングオフによるキャンセルが期間内においてもお店側が応じないような
場合は、やはり書面でハガキをお店に送付される事が良いでしょう。
出典:http://cssnite-miyazaki.jp/off.html

解約の手続き3つのステップ!

手順① 契約書など解約に必要なものを準備する
手順② 電話で連絡or書面を作成する
手順③ 郵便局の窓口で郵送する
出典:https://enjin-classaction.com/column/detail/?columnId=1051&category=scam

この場合はクーリングオフ適用外に!

・契約期間が1カ月以内
・契約金額が5万円以下
・契約日より8日を超えた
出典:http://konkatu-report.net/6662.html

なぜ長期契約が多いのか?

脱毛サロンに行ったことがある方はすでにわかるかもしれませんが、脱毛サロンは1回施術するだけではあまり効果がありません。
脱毛する部位にもよりますが、大体のコースは、6回や12回、18回など、長期的なコースになっています。

長期的な契約になってしまうのは、脱毛サロンに通う頻度が、毛の発育のサイクルに合わせた回数になるためです。
例えば、脇の脱毛をしようと思えば、2~3ヶ月に1回というペースで、最低でも6回以上通う必要が出てきます。
出典:https://www.bengohiroba.jp/consumer-damage/article19304.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です