2019年12月20日

脱毛サロンの方針によっても担当制のあり・なしがある

担当制やチーム制という方法で脱毛サロンを運営している場合があります。
例えば銀座カラー静岡店などは全国展開しているチェーン店の一つですが、ここではチーム制という方法で運営しています。
この方法はほぼ担当制に近い方法です。
理由としてはお客様事にきめ細かいサービスを行いたいという銀座カラーの意向がありますが、毎回違うスタッフだと脱毛がスムーズにいかないということを想定しています。
これは顧客も施術する側も同じ考え方です。
一人につきチーム制にしておくことで、顧客一人一人の状態をチームで把握し、誰かがシフトで回っていたとしても他の情報共有しているスタッフがカバーするという方法です。
チームでバックアップしている体制なのでチーム内で直接施術する担当者がいない日でも確実にフォローしてくれます。
また指名制という方法も当然存在します。
これは指名料がかかるサロンも若干ありますが、同じ人が施術してくれると顧客の毛質や肌質、痛みの反応といった細かい部分も確実に把握してくれます。
そして担当制の大きなメリットは施術に対する慣れが確実に生じることです。
出典:https://datsumou-shizuoka.info/column/tantousei-meritto-demeritto/

スタッフが変わることで脱毛効果への影響はない

エステ施術とは違って、脱毛施術はスタッフによって多少の技術の違いがあるものの、基本的には、
脱毛施術はジェルを塗って、照射して、その後ローションを塗るなどの手順なので、そんなに技術
の差は生じません。
その上、脱毛施術の間は部分ごとの脱毛では会話をすることもありますが、全身の脱毛は時間内
で済ませようとするせいか、無駄な会話のようなものはほぼありません。
その点をみてもエステサロン施術を受けるのとは大きな違いがあります。
出典:http://cssnite-miyazaki.jp/eta_simei.html

担当制のデメリット 施術スタッフと気が合わない場合、代えてもらえるの?

個室で1対1の接客になることが多い脱毛サロンの場合、スタッフとの相性は大きなウェイトを占めるもの。特に担当者が固定で決まらない脱毛サロンの場合はそれほど問題にならないことですが、どうしても担当スタッフと性格が合わない場合、脱毛そのものが憂鬱に感じられてくるかもしれません。ワキだけ、腕だけのような短時間ならともかく、全身脱毛では時間も長くかかります。苦手なタイプの人に体を任せるということは、それだけでも大きなストレス。お客としては、黙って我慢し続けなくてはならないのでしょうか?

もちろん、そんな必要はありません!きちんと申し出ることで、担当を変更してもらうことは可能ですし、それほど珍しいことではないと考えてOKです!実はスタッフ側で「相性が良くないな」と感じていても、勝手に担当代えはしづらいという事情があり、お客側から申し出てもらったほうがありがたいという裏事情も…。
出典:https://stretch8.xsrv.jp/salon-urabanashi.html

気後れする場合は個人サロンがおすすめ!

“知る人ぞ知る”という個人経営の脱毛サロンの魅力は何といっても落ち着いた雰囲気で施術を受けられる所です。“予約時間は自分だけ”という貸し切りの所だとついつい気持ちよくて眠ってしまう人や、すっかり打ち解けて悩み相談をする人も少なくありません。また大手では到底叶えてもらえないような、ちょっとしたワガママも叶えてもらえるかもしれません。
出典:https://datsumou777.com/column/oote-kojinkeiei-hikaku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です