2019年9月7日

カミソリでの自己処理

女性にとってむだ毛は悩みの一つなのではないでしょうか?医療脱毛をしない限り、一生生えてくるむだ毛は、処理に手間がかかったりと悩みが増えるばかりです。ですが、カミソリを使用すれば、比較的簡単に綺麗に剃れるため、非常に便利です。
出典:https://osusume.excite.co.jp/134233

カミソリの処理のメリット・デメリットは?

カミソリのメリット
・価格が電気シェーバーより安い
・深剃りできるため、剃ったあとのつるつる感が爽快
・細かいところや、細い毛も剃りやすい

カミソリのデメリット
・肌摩擦が大きく、肌トラブルになりやすい
・種類によっては使い捨てになるため、年間通しての費用はかかる
・乾燥状態の肌には使えないため、使える場所が限られる
出典:https://kireinajoshi.com/okinawabikatubu/

カミソリ負けとは、体毛を剃る際に、カミソリの刃が当たることで、肌へダメージを与えてしまう現象です。
一般的な症状としては、肌がヒリヒリする、かさかさしてかゆみが出る、血が出てしまうといったものです。

カミソリ負けの原因は様々。
刃先を必要以上に肌に当てた、保湿が十分でなかったなどが挙げられます。
また実は金属アレルギーである可能性も考えられるんです。
出典:https://4meee.com/articles/view/427017

カミソリ以外の避けるべき自己処理方法

【1.除毛クリームを使う方法】
一見肌に刺激を与えなそうに見える除毛クリームですが、実は化学物質で毛を溶かしています。安全性やおだやかさに配慮したものが増えているとはいえ、毛を溶かすような物質を肌に直接塗ると思うと少し怖いですね

【2.毛抜きや市販の脱毛器】
手軽に使える毛抜きや、短時間でツルツルの肌になれる家庭用脱毛器はつい使いたくなってしまうもの。でも、無理に毛を抜く方法はできるだけ避けましょう。「埋没毛」といって、毛が毛穴に埋まったまま伸びてポツポツ黒く見えてしまう症状が出ることも。また、無理に毛を抜くことで毛穴が傷ついて炎症を起こし腫れる「毛嚢炎」になってしまうかもしれません。
出典:https://www.datsumousalon-dione.jp/column/d-041/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です