2020年2月24日

メンズ脱毛クリームでヒゲは脱毛することができる!

ただし、めちゃくちゃピリピリして肌荒れを起こし、私が使った時には毛穴がボコボコになった。
これがメンズ脱毛クリームを実際に使ってみた経験からお伝えできることです。
もちろん処理後ローションを使ったケアもしました。
実際に顔やVIOのIOに使えるメンズ脱毛クリームはほとんどありませんし、OKだと謳っている
脱毛クリームは使ってみると効果がないか、肌荒れやかゆみでひどいことになりました。
使い方や処理の仕方が悪いのではないかと思われる方もいらっしゃると思いますが、そうではありません。
顔に使ってはいけないと言うポイント以外は説明書通りに使いましたし、放置時間も決められたもの。
出典:https://untisnob.com/removing_hair/beard-cream/

髭に絶対脱毛クリームを使ってはいけない理由

脱毛クリームは毛を溶かして除毛するクリームです。
毛だけでなく皮膚のタンパク質も溶かしてしまう恐れがあり、現在顔用の脱毛クリームは販売されていません。
アルカリ性という性質上、どうしても刺激が強く肌への負担が大きくなってしまうためです。
そのまま使用してしまうと、カミソリで剃ることもできないほどの肌荒れを引き起こす可能性が高くなります。
市販の脱毛剤などの医薬部外品は、肌に合わない可能性もあることからパッチテストを推奨しています。
それほど肌にとってダメージのあるものだということを、今一度再認識してみてください。
出典:https://neutral-men.com/ng-higecream/

ほとんどの除毛クリームは顔やヒゲには使えない

除毛クリームを販売している公式サイトを見ると分かるのですが、下記のような文言が掲載されています。
「当店では顔やデリケートゾーンへの使用はオススメしません」
「頭や顔の使用は控えてください」
「顔・デリケートゾーンへはご使用はできません」
どのサイトでも「顔」「ヒゲ」「デリケートゾーン」での使用は禁止しています。禁止とまで書かれていなくても、「オススメしません」「控えてください」というように推奨はしていません。
出典:https://monde.jp/blog/?p=10884

目や口、粘膜の近くに使わない方が良い

メンズ脱毛クリームについて知っておいて欲しいことがあります。それは目や口、肛門や性器など粘膜に近い場所には間違っても使ってはいけないし触れさせてはいけないと言うこと。
なぜかと言うとメンズ脱毛クリームは先ほどお伝えした「チオグリコール酸カルシウム」の他に”水酸化カルシウム””水酸化ナトリウム”などの非常に有害な成分が含まれているから。
もちろん皮膚の上から使う分には吸収されないので使用上の注意を守れば問題ないのですが、顔やVIOに使った際に間違って目や口、粘膜に触れてしまうと大変危険です。万が一そのようなことになってしまったらすぐ皮膚科などのお医者さんへ直行することをおすすめします。
出典:https://untisnob.com/removing_hair/beard-cream/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です