2020年1月29日

剃ると余計に目立つ毛穴…だから脱毛がオススメ!

どのパーツもそうなのですが、毛を剃っている状態ですと、毛根には毛がある状態ですので、
うっすら肌表面に黒色が透けてしまうのです。
それが、いわば青っぽくなってしまったり、毛穴が目立ってしまう原因なのですね。
剃るではなく、脱毛という選択肢を取っていただけますと、自己処理することもなく、
いつでもどこでもツルツルのお肌で居ることができるのです。

鼻下の脱毛は、20代〜50代くらいまで、幅広い年齢層の方に人気のパーツです。
いつ始めてもいいですが、どうせなら、早くツルツルのお肌手に入れませんか?
出典:https://datsumo-labo.jp/knowledge/knowledge03/datsumo06.html

口周りの脱毛チェックポイント

女性には無縁と思われている方も多いかと思いますが、口周りのムダ毛にお困りの方はとても多いのです。
また、お化粧ノリの良さは、お肌のコンディションだけで決まるわけではなく、
口周りのムダ毛の影響も受けていることがあります。
だからといって、大切でデリケートなお顔を自分で脱毛するのはリスクが多いです。
出典:https://www.j-esthe.com/depilation/parts/detail/mouth.html

サロンやクリニックの「口周り」脱毛の範囲とは?

サロンやクリニックにおける「口周り脱毛」とは、顔脱毛の中のどこからどこまでを脱毛することを意味しているのでしょうか。

その名前のとおり「口の周辺」ではあることは間違いないのですが、その範囲の解釈については店舗によっても違いが大きいのです。

このページでは「口周り脱毛」を行っているいくつかの店舗の定義を元に、「口周り脱毛」の範囲を以下のように定めています。

口周りの範囲

上唇のすぐ上と両端
口角の横・口角周辺
下唇のすぐ下
出典:https://www.naru-navi.com/%E8%84%B1%E6%AF%9B/28_%E5%8F%A3%E5%91%A8%E3%82%8A%E8%84%B1%E6%AF%9B.html

ヒゲを毛抜きで抜くのはNG行為!?

「肌を痛める可能性があるので、おすすめはできません。

たとえば毛抜きを使って抜く、カミソリを使って剃るといった自己処理をすることで、傷ついた肌が炎症を起こし、メラニンの生成量が増加することも。メラニンの生成量が増えることで、肌の黒ずみの原因になってしまいます。

自己処理で傷ついた肌に赤み・腫れといった炎症の症状が起こることもあります」
出典:https://oggi.jp/193256

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です