2020年2月22日

世界の脱毛事情

世界では、日本よりも前から脱毛は広く行われていました。
昨今、日本ではエチケットとして当たり前となってきている脱毛ですが、世界各国では、
どのような脱毛処理を行っているのでしょうか?
日本にいると、海外ではどのような脱毛が行われているのか、あまり聞いたことってないですよね?

アメリカ、欧米諸国
国や地域によって様々ではありますが、アメリカ・欧米諸国では、脱色・ワックス脱毛が主流と
なっており、アンダーヘアーを中心にしっかりと処理する人が多いようです。
何と、女性だけでなく男性もエチケットとして処理するのが一般的! 皆様の周りでも留学に
行かれたご友人から聞いたことは御座いませんか?
日本では、昔は男性の脱毛なんて…と言われていましたが、海外からの風習もあり、今では
エチケットとしてメンズ脱毛も当たり前になってきましたよね!

中東
中東では、信仰する宗教上『アンダーヘアーが生えていることは不潔』という考えがあるようで、
衛生面で脇やアンダーヘアーの処理をする人が多いようです。シュガーワックスなどで脱毛する
のが主要なようですね!

アジア
アジアでは、特に日本や韓国で関心が高いと言われてきましたが、最近では台湾や中国でも需要
が高まってきました。台湾や韓国などでは、スレッディングと呼ばれる糸を使い、顔の産毛を絡め
取る方法などもあるようです。

このように見ていただいても、日本のように様々な方法で脱毛を行える環境ではないのがわかりますね。
やはり最先端の脱毛があるのは、日本くらいなのでしょうか。海外では脱毛といえども、完全になくなる
わけではなく、ワックスなどを用いて抜いては繰り返し…抜いては繰り返し….何年経っても、ゴール
が見えません。
出典:https://datsumo-labo.jp/knowledge/knowledge03/mame09.html

ヨーロッパの場合

次いでヨーロッパの脱毛については軽く述べたが、とても緩いというよりは関心が低いといっていいかもしれない。
ここでイギリス出身の男性とアメリカ出身の男性を見比べてみたとする、やはり全身の体毛という意味では男同士
でさえはっきりと浮き彫りになる。女性についてもそれは例外ではない、もちろんヨーロッパ在住の女性たちも対象
となっているがモデルを始めとした芸能人に関して言えば、身だしなみを綺麗にするという意味で必須となっている。

全く処理する機会がないというわけではない、処理するときにはドレスコードを着る機会においては処理という手入れ
をするという。
それ以外では大半の人が無頓着だと言われており、熱心に脱毛していると逆に浮いてしまうようだ。

気にしない理由
どうしてヨーロッパの人たちはそこまで体毛を気にしないのかという点についてだが、元々こちらに住んでいる人々
は髪の色素が薄いという特徴がある。そのため、脱毛というよりは脱色をするだけで十分目立たなくなるため、わざわざ
脱毛をする必要性がないのが一番大きな要因となっている。

羨ましい限りだ、確かに黒以外のブロンドヘアだった場合には体に生えてくる体毛もそれに近い色となっている。
出典:https://www.dr-t.jp/ame.html

海外で人気の脱毛部位はどこ?

日本で人気の脱毛部位というと、ワキ、脚、腕に次いでVIOがあげられています。
しかし、海外(アメリカの場合)だと、VIO、脚、腕、ワキといった順のようです。

日本でなじみのある「VIO脱毛」という言葉は、アメリカの場合でいう「ハイジニーナ」と呼ばれるものになります。
「ハイジニーナ」とは、衛生を意味するhygiene(ハイジーン)を語源とし、アンダーヘアの全部または大半を処理した状態のことをいいます。
2000年以降から流行し始めたアメリカでは、アンダーヘアの全部をなくしてしまうことが習慣になっている方がほとんどなのです。
出典:https://www.i2i.jp/depilation/contents/overseas/

海外で一般的な脱毛方法は?

一般的な方法としては「ワックス脱毛」が挙げられます。

日本で一般的な脱毛(人気の脱毛)と言えば、光脱毛かレーザー脱毛というイメージが強く、
ワックス脱毛と聞いてもあまりピンとこないかもしれませんね。

ワックス脱毛とは
ハチミツをベースに作られた脱毛ワックスを使用して、毛根からムダ毛を処理する脱毛方法です。
毛根から脱毛することができるので、レーザー脱毛や光脱毛よりも脱毛効果が高いと言われること
もあります。

海外ではこのワックス脱毛を用いてVIOを脱毛する人が多く、日本で一般的な光脱毛やレーザー脱毛
といった方法はあまり使われていません。
出典:http://xn--n8jx03giia71hixibodt00n.com/gaikokujin-datsumou/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です