2020年1月25日

光脱毛とは

近年急速にプロの施術による脱毛が普及してきました。背景には2000年ごろまで
主流とされていたニードル脱毛とは全く異なるレーザーを使用した施術が登場した
ことにあります。
ニードルとは針を意味し、処理したい箇所の毛穴の一つ一つに針を挿入し電流を流す
ことで毛の発毛の働きの母体となる毛母細胞を破壊し毛の発毛を止めます。毛穴ごとの
施術によりその効果は抜群に高いのですが、施術時の痛みがあまりに強いこと、膨大な
時間がかかること、費用が大変高額になることなどがあり一部の人しかなかなか利用が
出来ませんでした。
しかし、新しく登場したレーザー脱毛と光脱毛はそれまでの問題点を大幅に改善しました。
光脱毛もレーザー脱毛もレーザーを使用する点では同じですが、その出力数に大きな違い
があります。
その為それぞれにメリットデメリットがありますので利用する場合は自分にあった方法を
選ぶことが重要となります。
出典:http://www.honfleur.jp/sp/esthe/contents/column/remover/011.php

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは短時間で広範囲を処理できることです。
黒い色に反応する光を利用して、黒い色の毛根をターゲットにして熱ダメージ
を与えるのがこの方法なのです。
つまり予めシェービングをして肌を整えておけばその部分に光を照射するだけで
毛根を効率よく処理できるのです。
光脱毛が主流になる前、脱毛というと針脱毛でした。これは毛穴1つ1つに針を刺して
電気を流す方法でした。これならその場で処理できましたが、何せ1本1本針を刺して
電気を流すという処理をしないといけないので手間と時間がかかって大変でした。
それに毛穴に針を刺して電気を流すという行為はちょっと考えるだけでもわかりますが、
痛みを伴います。
これを全身に行うとなるとかなりの時間、痛みに耐えないといけなかったのです。
光脱毛なら痛みも激減、しかも短時間で広範囲を処理できるようになったのです。
出典:http://www.honfleur.jp/esthe/contents/column/remover/013.php

施術のデメリットはある?

光脱毛は毛の量を徐々に減らしていく減毛であり、施術後永久に毛が生えてこなく
なる永久脱毛ではありません。

ただし、毛が再び生えてくるといっても、減毛では毛自体が細くなったり、毛の再生
機能が低下したりするので、見た目には効果を実感できることでしょう。半永久的に
毛を脱毛したい場合は、医療レーザー脱毛など別の方法を選ぶ方が期待通りの結果に
なる確率が高くなります。

また、光脱毛では納得する毛量になるまでに時間がかかるデメリットがあります。
光脱毛は比較的出力が弱いため、1回の施術で感じる効果はそれほど大きくはありません。
その代わり痛みが少なく、ゆっくりとしたペースで脱毛が行えるのが特徴ですが、脱毛
効果を求めるとどうしても施術回数がかかってしまいます。

施術メニューによっては、医療レーザー脱毛と比べると光脱毛の場合、2〜3倍程度
長い期間エステサロンに通わなければならないこともあります。光脱毛の場合、1回
あたりの施術費用が安くても、通う回数によっては医療レーザー脱毛と比べて最終的
には高くつく可能性もあるので注意が必要です。

もうひとつの光脱毛のデメリットに、うぶ毛に対しては効果が低いことが挙げられます。

光脱毛の威力では、色素が薄い毛に対応することは難しいからです。光脱毛で施術を
繰り返していくと徐々に減毛していき、ムダ毛がうぶ毛のようになっていきます。
したがって、施術回数が増えると脱毛効果を実感するのが難しくなることもあります。
うぶ毛までをきちんと処理したい人にとっては、光脱毛は不向きだといえるでしょう。
出典:https://www.aletheia-clinic.com/column/hairloss-knowledge/article0308_05/

痛みが苦手な人向き

光脱毛は永久脱毛ができないのでNGとされることもありますが、脱毛効果はありますし、
ほとんどの人が永久脱毛をしたのと同じくらいの状態にまで仕上げることができます。

ただし、医療脱毛よりも施術回数が多くなるため、医療脱毛と同じレベルまでにする
なら金銭面でのメリットはそれほどありません。

それでも、光脱毛の大きなメリットは、エステサロンで美容に関するサポートや施術
を受けられることにあります。

脱毛だけでなく様々なエステを受けることができ、美容に相談も受けてくれるので、
光脱毛は体のメンテナンスを継続的に行いたいという人に適しています。
出典:https://merideme.jp/110

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です