2020年2月4日

結婚式前にブライダル脱毛は必要?

素敵なウェディングドレスを選んだのに、結婚式当日に背中や脇からムダ毛が出ていたら台無しですよね。

そのために、結婚式前にはブライダルエステの人気コース「ブライダルシェービング」をするのが一般的。

ただシェービングの持続期間は限定的。

いずれ毛が生えてきてしまうので、もっと長期間ツルツルの状態になりたい!と、「ブライダル脱毛(結婚式脱毛)」を選択する花嫁さんもいます。
出典:https://www.bridal-esthe.com/hanayome-note/2744

自分では見えないからこそ!背中脱毛を行うメリット

腕や脚と比べて、背中の毛は薄くなっています。普段、背中のムダ毛は衣服に覆われていて人から見えない部分です。
また、他の部位に比べると自分の目でチェックするのが難しく、手が届きにくくいため、定期的に処理をしている人は少ないのではないでしょうか?
そこで今回は、背中脱毛を行うメリットについてご紹介します。

背中が開いた服をいつでも着こなせる
結婚式のドレスや水着など、背中を露出することになるイベントがあるときに、背中のムダ毛が急に気になり出す女性も多いはず。

前日に背中のムダ毛を除去しようと思っても自分で処理するのは難しく、慌ててお手入れしていると肌を傷つけたり、ムラになってしまったりすることがあります。
自分では見えにくい場所なのでキレイに処理できているか心配になると、背中の開いた服を着るのをためらってしまいます。

しかし、あらかじめ背中脱毛をしておけば、いつでも背中が開いた服を着こなすことができます。
他人の目が気にならなくなり、結婚式やレジャーを思う存分楽しめるようになります。

ムダ毛の境界線がなくなって全身キレイになる
すでに腕や脚の脱毛を経験されている方のなかには、腕や脚の次には背中のムダ毛が気になってきた方もいらっしゃるでしょう。
腕の脱毛をしている場合には背中と上腕のムダ毛の境目がはっきり現れるようになってしまうため、背中の脱毛をするきっかけとなることが多いようです。
とくに水着を着るときは、腕や脚との境界線が一目瞭然です。

しかし背中脱毛をすれば、腕やうなじ、ウエストラインにかけてのムダ毛の境界がなくなるので、いつでも自分の後ろ姿に自信が持てるようになります。

腕や脚だけ脱毛をして背中だけ自己処理するのも面倒ですよね。
すでに腕や脚を脱毛している方、これから脱毛しようと考えている方は、ぜひ背中も一緒に脱毛してください。
驚くほどお手入れが楽になりますよ!
出典:https://datsumo-labo.jp/knowledge/knowledge01/back.html

意外とある肌の露出。結婚式前の脱毛におすすめの部位は?

「ウェディングドレスは肌の露出が多い」ということは何となくイメージできる人も多いでしょう。では、結婚式に向けて脱毛する場合、具体的にどの部位を脱毛していくべきなのでしょうか。
ここでは、結婚式におすすめしたい脱毛の部位についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

・ワキ
結婚式では、ブーケトスやキャンドルサービスなど、腕を上げる場面も訪れます。事前に脱毛してキレイにしておくと安心な箇所です。

・うなじ
結婚式では髪をアップにすることが多いため、普段はなかなかうなじを露出せず、気にしていなかった人も要注意です。うなじが露出する髪型にする場合は事前に脱毛しておいた方がよいでしょう。

・腕、指
腕や指は、指輪交換のときに多くの人がアップで写真を撮る可能性があります。キレイな写真を撮ってもらうためにも、事前に脱毛しておいた方が安心です。

・背中
ドレスによっては背中が多く露出しているタイプもあります。背中は自分では確認しづらいため、特に気になってしまう箇所です。その不安を解消するためにも、背中の脱毛は結婚式前には特におすすめといえるでしょう。

・ヒザ上、ヒザ下
ミニ丈のウェディングドレスなど、デザインによっては足が露出する場合もあります。素足にも自信を持てるよう、ヒザ下、ヒザ上の脱毛をしておくこともおすすめします。
出典:https://musee-pla.com/column/tips_26/

ブライダルエステで脱毛を始めるタイミングは?

ブライダルエステで脱毛をした場合でも、1回の施術では効果が実感できないため、数回の施術が必要です。

光脱毛であれば6回のコースで受けることが有効であり、施術を行う期間についても余裕をもつことがポイントとなります。

毛周期に合わせて施術を行うため、結婚式を予定している時期よりも1年半~2年半前から計画的に脱毛を開始しましょう。
出典:https://www.be4.co.jp/column/23/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です