2020年1月10日

笑気ガス

鼻から有効成分を含んだガスを吸うことで麻酔をする方法です。

笑気麻酔を吸入するとお酒に酔ったような酩酊状態になり、痛みへの不安や痛みそのものを感じにくくさせる効果があります。

副作用はほとんどないと言われていますが、まれに頭痛や吐き気を感じてしまう人がいるようです。

2000年前後には酸欠による事故があったようですが、吸入器の改善により現在ではそのような事故も見られなくなったようです。
出典:https://magazine.voicenote.jp/7775/

麻酔クリーム

皮膚表面麻酔とも呼ばれる麻酔クリームはヒゲ脱毛を行う1時間ほど前に塗ることで効果を発揮します。
市販でも販売されているのですが、クリニックで使用されるクリームは高濃度なので、より痛みを和らげることができます。

麻酔クリームの特徴としては、副作用が低いので安心して利用できる点でしょう。
ただし、人によっては効果を感じられない場合もあります。
出典:https://haloss.jp/news/3099/

局部麻酔

注射による麻酔で効果は高く、施術中の痛みをできるだけ抑えたい場合にはこの方法を選びます。
ただし、注射の回数は鼻下だけでも5~6回と意外に多く、注射自体の痛みは伴います。

ヒゲ脱毛ではヒゲが濃い状態だとより強い痛みを感じますが、施術を繰り返して徐々にヒゲが薄く
なっていくとそれに伴って痛みも和らいでいく傾向があります。このため、麻酔を行うのは3~5
回目の施術までが適当といえます。

また、ヒゲ脱毛における麻酔の副作用の報告は多くありませんが、じんましんや吐き気、めまい
などの症状が出る可能性もあるため注意が必要です。
特にアレルギー体質の場合には施術の前にその旨を申し出るようにしなければなりません。
出典:https://datumou-man.jp/pain-beard-epilation/

保湿対策をしっかり行う

メンズ脱毛で痛くないようにするために事前に取り組める方法といえば、保湿があります。

保湿によって肌を守る機能が高まるため、痛みに対しても強くなると言われています。

保湿は痛みを抑えるだけでなく、光脱毛やレーザー脱毛の効果を高めてくれるため、メンズ脱毛において保湿をしておくことはおすすめです。
出典:https://magazine.voicenote.jp/7775/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です