2020年2月1日

毛の濃さはホルモンの影響?!

毛の濃さは、男性ホルモンの影響がとても大きいことは既に一般の消費者の間でも知れわたって
おり、各自のおしゃれや美容法を考えるうえでも、十分に知識を身に着けることが望まれます。
現在のところ、男性ホルモンを抑える方法は限られているといわれていますが、エステサロンや
医療機関を利用することにより、気になる部分のムダ毛を除去することができるため、もしも
興味を持っている場合には、各店舗の最新の情報を取り入れることが有効です。
ムダ毛の多い女性の悩みに関しては、ネット上でも至る所に取り上げられており、男性ホルモン
との関係性を上手く把握することにより、いざという時にも様々なメリットがあります。
そして、専門的な対処が必要な場合には、自己判断をしないことも大きなポイントといえます。
出典:http://www.honfleur.jp/esthe/contents/column/remover/059.php

剛毛の方が脱毛サロンの施術効果があらわれやすい

サロンスタッフの説明によると、剛毛(毛量が多い)の方が、
明らかに脱毛の施術効果があらわれやすいと言います。
そこまで剛毛でなくても、脱毛効果があらわれやすい部位は、
・ワキ
・Vゾーン(パンツ前方に収まっている部分)
・ひざ下(すね毛)
などの部位では割としっかりした毛が生えていますよね。
フラッシュ脱毛は、黒い毛根だけに反応します。
太くてたくましい毛が生えていると、そこにフラッシュ脱毛の光のパワーが集中します。
一気に強い力が毛根に対してダメージを与えるので、その結果毛が生えにくい状態になっていくのです。
出典:https://www.nagasaki-kokutai2014.jp/entry103.html

体毛が濃いと脱毛しても無理?

医療レーザー脱毛に使用されるレーザーは体毛に含まれるメラニン色素に反応して発熱する性質を持っています。
発熱した体毛は熱で周囲の組織を破壊する為、再び毛が生えてこなくすることができます。

医療レーザー脱毛は医療機関で受けることができます。脱毛箇所によって違いがありますが、平均すると3回程度
でかなり生えてくるムダ毛が減り6回程度で脱毛を終えることができます。体毛が濃い人の場合には、さらに数回
施術を受ける必要がありますが、脱毛を続けているとムダ毛のない陶器のような肌になることができます。

脱毛する時にはデリケートゾーンなど毛が濃い部分の方が痛みを強く感じます。その為体毛の濃い人も脱毛時の痛み
が強くなる傾向がありますが、医療脱毛では麻酔を使って脱毛することもできるので痛みを感じずにすみます。
また最近では施術時の痛みがほとんどない脱毛器も増えてきました。痛みが苦手という人は光脱毛を選ぶ事も出来ます
が、脱毛を終えるまでにかなりの時間が必要になります。
出典:https://xn--100-hl4bygkb9489b.rulez.jp/%E4%BD%93%E6%AF%9B/%E4%BD%93%E6%AF%9B%E6%BF%83%E3%81%84.html

毛深さが解消されるまでどれくらいの期間が必要?

せっかく脱毛に通うなら、少しでも早くつるつるになりたいですよね。しかし焦りは禁物です。
脱毛は長期戦。時間をかけ、施術回数を重ねることで、少しずつ効果が出てくるものです。
焦りすぎてしまうと、途中で挫折する原因にもなりかねません。
多くのサロンで採用されているのは、光脱毛と言われる施術です。
これは特殊な光を肌に照射して、毛根にアプローチしていくものです。今あるムダ毛に効くだけでなく、
将来生えてくるムダ毛の量を減らす効果も期待できます。毛深い人の場合、ムダ毛の量が多く、生えて
いる範囲が広いため、光脱毛の施術箇所や施術範囲、必要なショット数が多くなる傾向があります。
そのため普通の人に比べて施術回数は多くなると考えたほうがよいでしょう。
一般に、脱毛サロンでは効果を実感できるまでに6~9回の施術を受けるのが目安です。
1~3ヶ月に一度のペースで施術を行うので、効果が出るまでに1年から2年ほどサロンに通う必要がある
と言われています。
毛の量が多い人は、それ以上の期間がかかると考えたほうがよいかもしれません。
ただし施術回数が多くなるとはいえ、施術を受けていくにつれて、結果的に生えてくるムダ毛の量は
次第に減っていきます。完全につるつるになるには時間がかかるかもしれませんが、お手入れが楽に
なるなどだんだんと効果を感じることができるはずです。
出典:https://ginza-calla.jp/contents/knowledge/b-108.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です