2019年9月10日

脱毛NGのケースは?

妊娠中や授乳中は、体調を崩したときでも薬が飲めないことがありますよね。だから、脱毛で肌荒れをしたときも、適切な対処が取れない可能性があるのです。さらに、脱毛すること自体がストレスとなることで、体への悪影響も心配されます。
出典:https://www.ascdas.org/knowledge/depilation-ng.html

今はファッションの一つとしてタトゥーを入れている人も多いですが、光脱毛やレーザー脱毛を使うサロン・クリニックではタトゥー部分への施術を断るところがほとんど。
光脱毛やレーザー脱毛の脱毛器は、毛根部分のメラニンに反応し毛に熱を与えて弱らせています。
タトゥーはメラニンと認識されてしまうので、レーザーや光が集中してやけどをしてしまう可能性があるのです。

もしタトゥーのある方で脱毛をしたい場合は、毛穴にハリを通して電気を流す「ニードル脱毛」であれば可能です。
出典:https://moshidora.jp/t9zx1ieg/wp-admin/post-new.php

薬を服用して脱毛を行って身体に何かしらの影響が出た時、脱毛サロンとしては対応が難しいため、基本的に施術はNGとなります。
出典:https://milaepi.jp/gimon/medicine/

生理中の脱毛は肌への刺激が強すぎるため、クリニックや脱毛サロンからも生理中のVIO脱毛は断られるケースが多いです。

衛生的にも生理中のVIO脱毛はよくないですし、脱毛のせいで肌が荒れたりしたら困りますからね。自分が看護師さんの立場だったら、生理中の患者のVIO脱毛をしたいとは思わないでしょう。
出典:https://madogiwa.net/vio-11/

快適な脱毛のためにルールを守ろう!

多くの脱毛サロンでは、全身脱毛の施術が原因で何らかの体調変化や肌トラブルが起きた場合のために、提携の医療機関や医師の紹介といったサポート体勢を持っていて、通院や治療にかかる費用についても補償を受けられるのが普通です。脱毛時の禁止事項を守らずにトラブルにつながってしまった場合は、このようなサポートは適用されなくなってしまいますので注意しましょう。

快適に全身脱毛を続け、気持ち良く脱毛サロンに通い続けるためにも、ルールの厳守をこころがけていきましょう。
出典:https://www.tenka1hikari.jp/datsumo-ng.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です